ドラマ

ここでは、「ドラマ」 に関する記事を紹介しています。



前回は、働き方改革の影響でお休みになってしまった本編も無事に再開し、篤姫が江戸城へと輿入れを果たします。いつぞやの大河ドラマではこの輿入れを成功させるために西郷が準備に奔走している様子が描かれていましたが、今回はかなりあっさりした雰囲気で終わってしまいます。

おそらく、彼を描く上でそこまで時間をかけるべきでないということなのかもしれません。その延長線上で渡辺謙さんが演じる斉彬が吉之助に対して、彼にしてはめずらしい薩摩言葉「おやっとさぁ」とねぎらった場面も、先ほどの力のいれ具合を考えると軽くなってしまったのが少々残念なところではあります。

そんな吉之助は薩摩に戻り周囲との壁を感じてしまうことになります。その筆頭が正助でしょう。密命をになっている吉之助が話せることはほとんどない状況に対して、正助は吉之助は遠い存在になってしまったと嘆きます。さらに、西郷家も困窮を極めていて、これで再度江戸に出立することになると家族の生計はどうなってしまうのか、ドラマでは触れられていませんでしたが心配になってしまいます。

結果的には、正助の新妻から江戸行きを勧められ吉之助と共に薩摩をあとにすることになります。この辺りは翔ぶが如くで西田敏行さんと鹿賀丈史さんが、海でジャンプする場面が脳裏をよぎった人も多いのではないでしょうか。外界に飛び出した2人がどのように活躍していくのか楽しみにしたいと思います。

■紀行■
・京都府京都市
 清水寺成就院
 JR「京都」からバス「五条坂」下車徒歩10分


NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 西郷どん, 西郷吉之助, 鈴木亮平, 渡辺謙, 北川景子, 松田翔太, 南野陽子, 又吉直樹, 泉ピン子, 瑛太,

将軍家への輿入れが決まらない篤姫に対して周囲も焦りが出てきます。最もその雰囲気を醸し出しているのが幾島でしょう。南野陽子さんの台詞「ひかえよ」という言葉が耳から離れずにやみつきになってしまいそうなくらいイライラしているのでしょう。

そのモヤモヤ感を打破したのもまた幾島でした。本寿院に対して直接交渉を試みて見事成功させます。本寿院というと数年前の篤姫で熱演をされた高畑淳子さんというイメージがどうしても頭から離れないのですが、今回は泉ピン子さん。渡る世間は鬼ばかりのイメージを必死に頭から追い出そうとしている間に、登場シーンは去って行きました。今後北川景子さんとの良い感じのバトルが展開されていくことでしょう。

そんな篤姫と吉之助の関係が今回最も濃く出たのが大地震の際の救出劇の場面でしょう。自分が悲しい宿命を背負って幸せを得ることができないかもしれないという状況から逃れたいと思う人間味溢れる場面ですが、きっとこれ以降篤姫はこういった本心を語る場面はそんな出てこないのでしょう。そんな意味でも今回のシーンは裏に秘められた吉之助と篤姫の心の結びつきを把握できるチャンスだったといえると思います。

次回は、吉之助が久しぶりに薩摩に戻って正助との再会となるのですが、プラスとなるかマイナスとなってしまうのか楽しみにしたいと思います。

■紀行■
・東京都千代田区/文京区
 小石川後楽園
 JR「飯田橋」下車 徒歩8分


NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美




ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 西郷どん, 西郷吉之助, 鈴木亮平, 渡辺謙, 北川景子, 松田翔太, 南野陽子, 又吉直樹, 泉ピン子,