いだてん 第1回「夜明け前」

ここでは、「いだてん 第1回「夜明け前」」 に関する記事を紹介しています。



自分が視聴していた中で最も現在に近い大河ドラマとなった今回のいだてん。箱根駅伝の大ファンである自分としては、その創設者である金栗四三さんがテーマの1人となるということで楽しみにしています。物語は、落語家の古今亭志ん生が寄席に向かう1959年から始まります。

これ以降初回ということ、さらに主人公が時代の違う2人であることから、次々と時代が行ったり来たりするので、話しについて行くのに精いっぱいとなってしまいますが、なんとかくらいついていきます。

今回は、柔道の創始者である嘉納治五郎が日本にオリンピックを根付かせるために悪戦苦闘をしながら、金栗四三という「いだてん」を見つけ出すまでの物語。役所広司さんは主人公ではありませんが、もの凄く熱く気合いの入った演技をしていて初めから飲み込まれてしまいました。ちょっと前に大手住宅メーカーのCMで恐竜に襲われそうになっていたイメージが大きかったのですが、今回でそのイメージは塗り替えることができました。

次回からは、金栗四三に関して深掘りしていくようです。ドラマ一作品で2人が主人公になるというのも新しい展開ですが、話としてうまく引き継いでいけるのか楽しみにしたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いだてん 前編 NHK大河ドラマ・ガイド
価格:1188円(税込、送料無料) (2019/1/6時点)


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : いだてん, 金栗四三, 田畑政治, 中村勘九郎, 阿部サダヲ, 嘉納治五郎, 役所広司, ビートたけし,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3181-02a8626a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
いよいよいだてんのスタートです。 ビートたけしの志ん生です。 そして主人公が二人。 現代劇な大河も30年ぶりくらいらしいですねぇ。 金栗四三と田畑政治の両方の時代が並行して進んでいくんでしょうか。
2019/01/07(月) | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ