西郷どん 最終回「敬天愛人」

ここでは、「西郷どん 最終回「敬天愛人」」 に関する記事を紹介しています。



とうとう最終回を迎えました。西南戦争は最終局面を迎えており、敗走を続け鹿児島まで戻ってきます。もう勝ち目はないと分かっていても自分が最後の武士としてのシンボル的な人物であることを重々承知していている西郷は、最後の地である城山で政府軍の総攻撃に備えます。対する政府軍には西郷従道がいてこの戦を止めることはもうできないと糸たちに話します。西郷家が一丸となって生きて行く姿を夢見ていた従道ですが、これによって絶たれてしまうことになります。

一方で、政府の中枢である大久保は博覧会を成功させるべく奔走していたのですが、西南戦争のことが頭から離れません。総攻撃をする前に、大久保は西郷にあてて手紙を出します。それは降伏すれば西郷の命は救うというものでした。これまでの西郷の言動を考えると、この打診に対してYESとなるはずもないことは、大久保にも分かっていたとは思いますが、おそらく彼ができる最大限の譲歩だったのでしょう。

そして総攻撃の日。西郷軍は勇猛果敢に突撃し、政府軍と対しますが、最期の時を迎えます。西郷の最後は自刃ではなく、銃弾をあびてしまうことによって命を落とす描写でしたね。「もうここらでよか」という言葉を最後に残しながら。

個人的には、西郷亡き後の世界をもう少し見てみたかったです。物語の初めが上野の銅像からだったので、そこに戻ってきながら、従道や菊次郎がどのように過ごしていったのか日本がどのように変革を迎えたかなど。大久保は残念な命の落とし方をしてしまいますが、それまでの功績が脚光を浴びるいい機会になったのではないでしょうか。西郷と大久保が盟友であったものを引き裂いてしまった直接的な要因は大久保であるように今回も描かれています。史実なのかどうかわかりませんが、今回西郷が亡くなった際に号泣した大久保は最後の最後に吉之助と一蔵に戻れたのだと思います。

西郷隆盛についてはこれまで大河ドラマでも登場する人気キャラクターではありますが、鈴木亮平さんによってまた違った西郷を楽しむことが出来ました。一年間お疲れ様でした。そしてありがとうございました!



関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 西郷どん, 西郷隆盛, 鈴木亮平, 瑛太, 錦戸亮, 黒木華, 笑福亭鶴瓶, 今井悠貴,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3180-91ac3371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
なんと最終回の日にでかけなければならないということに。
2018/12/17(月) | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ