西郷どん 第46回「西南戦争」

ここでは、「西郷どん 第46回「西南戦争」」 に関する記事を紹介しています。



政府に真意を問いただすとして薩摩から軍を進めていった西郷ですが、大規模に兵を進めることによって政府からどのように見られるかは分かっていたと思います。それでも西郷は不満が爆発した士族たちの思いを行動にしなくては、暴発してしまうことに対して危機感をもっていたのだと思います。

これまでも同じような認識で西南戦争を見ていましたが、その認識通りの状況なんだなと感じました。数日前に別な番組で田原坂の戦いについて深く考察していたものがありましたが、今回のドラマの中では非常にあっさりしていたように思えます。

敗戦を続ける中で西郷は軍の解散を宣言し、それぞれに自由に生きることを命じます。西郷が感じた思いは次回最終回に語られるようですが、なんとなくあっさりし過ぎていてあっけなさすら感じました。最終回は、大久保との思い、糸ととの思い、色々な感情の糸が静かにほどかれていくのだと期待したいところです。

■紀行■
・熊本県熊本市
 田原坂 三の坂
 JR「田原坂」下車 徒歩30分

・宮崎県延岡市
 西郷隆盛宿陣跡資料館
 JR「延岡」からバス「俵野」下車 徒歩5分



関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 西郷どん, 西郷隆盛, 鈴木亮平, 瑛太, 錦戸亮, 黒木華, 笑福亭鶴瓶, 上川周作, 今井悠貴,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3179-8e0e1f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
江戸に訴えに出た西郷。 動揺する明治政府。 それを反乱ととらえ、大久保は西郷討伐の詔を要求します。
2018/12/10(月) | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ