おんな城主直虎 第30回「潰されざる者」

ここでは、「おんな城主直虎 第30回「潰されざる者」」 に関する記事を紹介しています。





とうとう今川の井伊家取りつぶしに向けた画策が始まります。まず初めに今川が目を付けたのが瀬戸方久。銭の犬と自他共に認める人物であるがゆえに、徳政令を発効しても領地を安堵することを認めることによって、彼を手元に引き寄せることができるだろうと今川は見たのでした。実際にもそのように流れます。

そんな方久の怪しい動きを察知したのは、政次と龍雲丸。政次自体も今川から命じられた目付であるにも関わらず最近自分に情報が入ってこないことに、自分の存在価値に疑問を感じていました。それでも表向きは今川からの命を忠実に井伊に伝えるという役柄を演じていきます。

この構図、完全に確立しましたね。悪役のように見られながら、実は直虎と同じ方向を向いていて、ともに協力しながら難局を乗り越えていこうとする姿に、安心感を持って見ることができるようになりました。そんな彼らが次回井伊家とりつぶしの危機に違った形で立ち向かっていくことになりそうです。それぞれの思いをしっかりと心に刻みながら楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
静岡県藤枝市
 - 清水寺

静岡県富士宮市
 - 富士山本宮浅間大社


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 高橋一生, ムロツヨシ, 尾上松也, 柳楽優弥, 矢島健一, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3113-446c7c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック