おんな城主直虎 第28回「死の帳面」

ここでは、「おんな城主直虎 第28回「死の帳面」」 に関する記事を紹介しています。





物語は寿桂尼を中心とする今川家についてでした。心臓の調子がよくない状況のなかで武田に嫁いでいた氏真の妹の鈴を呼び戻す作戦を北条氏康を味方につけることで実現します。ここまで寿桂尼の威光を思いっきり使ってきたはずの氏真ですが、ここに来て「自分なんていなくてもいい存在なんだ」とへそを曲げてしまい、かなり面倒な存在になっていきます。

そんな氏真ですが、周囲の一言によって自分の今までの行為を改め、寿桂尼の教えを請うようになっていきます。そこからは目の色も代わり今川家もすこし持ち直すのではないかという期待も盛り上がってくるのですが、一方で寿桂尼は自分が亡くなった後に誰が信用することが出来るのかを見極めようと1人1人と面談をしていきます。

その中で、直虎もその1人だったのですが、面談中はお互い涙をボロボロと流しながらの感動的な対面となります。しかし寿桂尼のなかでは、直虎は家のことを第一に考える自分と同じであり、いざというときには信用することができないということから、亡き者にするよう判断を下します。この結果を受けて次回以降大きな波乱が生じることになりそうですが、その中で政次とともにどのように振る舞っていくのか楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
神奈川県小田原市
 - 北条幻庵屋敷跡


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 高橋一生, ムロツヨシ, 柳楽優弥, 尾上松也, 松平健, 岸茉莉, 浅丘ルリ子,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3111-e89fb529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック