おんな城主直虎 第13回「城主はつらいよ」

ここでは、「おんな城主直虎 第13回「城主はつらいよ」」 に関する記事を紹介しています。





どこか国民的映画をぱくったのではないかと思わせる題名ですが、出だしから完全に家臣に反発され、虎松の後見という立場でありながら、その母親であるしのとの関係は最悪という、人間関係で始まった井伊の当主という立場。

しかし物語の描き方として、直虎に風がいつか吹くのではないかと思わせる演出が数多くされていることが分かります。例えば今回強いインパクトで登場した瀬戸方久からは、お金が集まるところに人心は集まるのだから、見返してやろうという励ましを受け、元気をもらうシーンがあります。

また、政治に関しても、寿桂尼が書いたとされる仮名目録を和尚からGETし、それを読み込むシーンが登場します。この辺りでも、いつかこの知識が華開くのだろうな思わせてくれます。今のところ、民衆に安請け合いをしてその結果約束を反故にしてしまい、結果的に信頼を失ってはいますが、それでも、農民からの年貢によって自分たちは生かされていて、その人々を無視することはできないということに気がつくあたりは、その片鱗をみることができるでしょう。

まだ次回はそこまでは行かないかもしれませんが、これまで味方だと思っていた政次が完全に今川側にいってしまい、心のつながりさえもなくなってしまった関係の中で、直虎が頼れる数少ないメンバーを中心に話は進んでいくのだろうなと思います。

■直虎紀行■
愛知県新城市
 - 満光寺



関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : おんな城主直虎, 井伊直虎, 柴咲コウ, 高橋一生, ムロツヨシ, 貫地谷しほり,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3094-ce8aff21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック