真田丸 第31回「終焉」

ここでは、「真田丸 第31回「終焉」」 に関する記事を紹介しています。



今回は、家康のもの凄い作戦をみることができました。ほとんど正常な判断をすることができない秀吉に対して遺言状を書き直して自分の都合の良いように書き直させるというもの。これまで家康自身が主体的に色々と行動していたように描かれていますが、今回の演出では本多正信がそれらを主導して家康を動かしていた黒幕という感じになっています。秀吉がいなくなった後に天下取りを望む周囲に対して家康はそこまで積極的になっていないのも気になります。

その家康を暗殺しようとして暗躍していたのが出浦。寺島さんの渋い演技がもの凄く好きでもう彼が見られなくなってしまうと思うと少し悲しい気もします。きっと明日のニュースでは出浦ロスという言葉も登場するのではないでしょうか。昌幸パパをずっと支えてきただけでなく、命をも救ってきた出浦ですが、最期はある意味壮絶なものとなりました。

秀吉亡き後、信繁自体はどうなっていくのだろうと自分でもよく分かっていない様子をきりに伝えていましたが、秀吉自らが信繁に三成を支えてやって欲しいという遺言を残したことによって、彼の中での方向性は定まったのではないでしょうか。さらに信幸との関係も若干離れつつあるような雰囲気が出てきているので、次回以降その状況が顕在化することになるのではないでしょうか。

次回からは三成と家康を中心としたドロドロの政権争いの様子が見れると思うので楽しみにしたいと思います。
◆真田丸紀行◆
京都府京都市
 - 新日吉神社



関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 大河ドラマ, 真田丸, 堺雅人, 真田幸村, 三谷幸喜, 草刈正雄, 大泉洋, 小日向文世, 竹内結子,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3079-d0acdcc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
一日遅れの真田丸。 そして、秀吉の死・・・。
2016/08/08(月) | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ