真田丸 第16回「表裏」

ここでは、「真田丸 第16回「表裏」」 に関する記事を紹介しています。



上杉が徳川が攻めてきた際には真田に味方しないことを秀吉に約束させられた後、信繁の知らない間に越後に帰ってしまいます。この段階はもはや信繁は上杉の人質ではなくなり秀吉の家臣となるしか選択肢はない状況でした。真田家のためを思えば秀吉の動きを上田に伝えることができると思い直し、馬廻衆として働くことになります。しかし、実際には文を書いて送った途端に三成から返却されるという謎の検閲システムによって自由な動きを制限されることになるのは想定外だったでしょう。

さらに茶々に気に入られてしまって身の危険を感じながらも業務を遂行していくのですが、馬廻衆の中でも筆頭の平野長泰からは変な気を使われる始末。といいつつ平野も常にするめをしゃぶりながらまったりと仕事をしていて芸能ネタにばかり興味を持つオヤジ的な感じで描かれており、この先大きな出番もなさそうです。馬廻衆の面々もなかなか面白いメンバーが揃っているので、今後も要注意です。

周囲に目を向けると、家康が秀吉の顔色をうかがいながら真田攻めの許可を求め、それに信繁の意見を聞きながらYESの回答をする秀吉。次回は大きな戦に向かって話が進んでいくものとみられますが、今回徳川家でクローズアップされたのが平八郎の娘である稲。明らかになんらかのフラグであることは間違いないですが、今はあまり深く考えずに温かく見守ることにします。

◆真田丸紀行◆
愛知県津島市
 - 妙延寺

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]
価格:1,188円(税込、送料込)


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 大河ドラマ, 真田丸, 堺雅人, 真田幸村, 三谷幸喜, 草刈正雄, 大泉洋, 長澤まさみ, 小日向文世, 竹内結子,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3062-ba956b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
妙に秀吉に気に入られた信繁。 しかし、その裏で秀吉は真田家をつぶす策略を・・・。
2016/04/25(月) | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ