真田丸 第14回「大坂」

ここでは、「真田丸 第14回「大坂」」 に関する記事を紹介しています。



これまでの息をのむ徳川との戦が一段落し、落ち着きを取り戻した後の大坂編。前回までがはらはらドキドキの展開であったのに対して、今回はややまったり感が出てしまっているという印象をどうしても持ってしまいます。それは昌幸の采配とか明日はどうなってしまうのかわからないという緊迫感がずっと物語の根底にあってそれを視聴者は感じるからこそ、毎回見逃せないと思っていたのだと思います。

そんな緊迫感が今回に限っていえばあまりなかったように感じました。それは徳川も石川数正の出奔があって真田どろこではなくなり、秀吉の天下がどんどん迫るなか世の中には一時の平穏がやって来たからかもしれません。その中で前回と同じような緊迫感を求めるのは少し酷だとは分かっていても、今回に限っていえばうまく見方を変えることが出来なかったのだと思います。

その中で今回印象的だったのは、家康を裏切って秀吉に付いてしまった石川数正と信繁のシーン。初めは数正も真田への恨みを言いまくるのですが、じっと聞いていた信繁は自分で決めたことだと突き放しながらも最後は前を向いて生きて行こうと諭します。まるで自分自身にもいっている言葉のように見えますが、次回以降は梅の面影も次第に薄れていくのではないでしょうか。

次回は、益々秀吉が幅をきかせてくるような展開になりそうですが、前々回の秀吉役の竹中直人さんを越えることができるか、小日向文世さんの演技に期待したいと思います。

◆真田丸紀行◆
大阪府大阪市
 - 大阪城公園

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]
価格:1,188円(税込、送料込)


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 大河ドラマ, 真田丸, 堺雅人, 真田幸村, 三谷幸喜, 草刈正雄, 大泉洋, 長澤まさみ, 内野聖陽,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3060-31f9845a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
家康を撃退しものの、天下は秀吉のものになろうとしています。 歴史の表舞台に登場する人々がたくさん出てきます。
2016/04/11(月) | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ