真田丸 第6回「迷走」

ここでは、「真田丸 第6回「迷走」」 に関する記事を紹介しています。



前回大盤振る舞いをして安土にいた人質を大勢連れ出した信繁たちですが、逆に動きが悪くなってしまい途中で明智の手の者たちに見つかってしまいます。その結果姉の松が逃走中にがけから飛び降りてしまい、一堂は亡くなったと思ってしまうのですが、後ほど彼女の無事が確認されることになります。

信繁はずっと松を守り抜くことが出来なかった自分を責め、有能であると思い込んでいた自分に後悔をするのですが、こういった挫折が人を強くさせるのかもしれません。長澤まさみさんが演じるきりからは、バリバリ現代語で厳しいことを言われますが、この悔しい気持ちを梅にぶつけます。段々と梅、きりと信繁周りの恋愛模様が複雑になりそうな感じではありますが、今のところ梅が完全勝利と言ったところでしょうか。

真田家に戻ってくると、予想通り薫がもの凄い剣幕で信繁を責めるのですが、見ている方としては若干冷めた感じでした。いつか誰かが言っていましたが、今回のドラマは男性陣は重厚な演技をして見るものを魅了しているのですが、女性陣が今ひとつのような気がします。草笛光子さんの演技が一番落ち着いていていいなと感じるのですから、主要なメンバーにはもっと奮起して欲しいと思います。

真田家の舵取りをしている昌幸ですが、終盤までその方向性を定めるのに苦労します。織田家の家臣として滝川一益についていく姿勢を見せたかと思えば、北条に視線を向けてみたり、どうしていいか分からないという状況でした。しかしそれも、秀吉が明智を打ち破ったことによって雰囲気が変わります。昌幸は、もう大名にペコペコするのではなく、信濃を守り誰の下にもつかないと決めるのでした。

その伏線は、信濃の国が好きだという信繁の言葉があったからかもしれませんが、これによってこれからの真田家の方向性が定まることになります。最後のシーンでの草刈正雄さんの雄叫び、かっこよかったですね!次回も目が離せなさそうです。

◆真田丸紀行◆
群馬県沼田市
 - 沼田城址(沼田公園)

2016年NHK大河ドラマ真田丸完全読本

2016年NHK大河ドラマ真田丸完全読本
価格:1,080円(税込、送料込)

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]
価格:1,188円(税込、送料込)


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 大河ドラマ, 真田丸, 堺雅人, 真田幸村, 三谷幸喜, 草刈正雄, 大泉洋, 内野聖陽, 藤岡弘、木村佳乃,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3052-c632e5ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
信長の死が真田を翻弄する・・・。 まさか10日で天下の行く末が変わろうとは・・・。
2016/02/15(月) | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ