花燃ゆ 第48回「富岡製糸場の危機」

ここでは、「花燃ゆ 第48回「富岡製糸場の危機」」 に関する記事を紹介しています。



今回は、富岡製糸場に関してというよりも、教育問題に心血を注ぐ美和と楫取という内容の比重が高かったのではないでしょうか。しかし明治になってこれまで教育をまともに受けられなかった層の人々が、今回のようにどんどんそういう場を作ってくれるのは、将来の世の中にとって本当にプラスになります。

花燃ゆで描かれている楫取のように、即断即決し周囲も熱意を持ってそれを支える姿、そして阿久沢が言っていたように将来のための政治というものが目に見える形で庶民に提供されること、そうした努力を政治家がすることによって、世の中はきっと良くなっていくと信じられるのではないでしょうか。そんなことを考えさせられた内容となりました。

終盤は美和と楫取の再婚に向けた周囲からのプッシュという若干プライベートな部分で興味が薄くなってしまいましたが、次回はそれがメインとなる模様。残りもあと少しなので、物語全般をどのように締めくくるのか楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
群馬県富岡市
 - 富岡製糸場


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 花燃ゆ, 久坂美和, 井上真央, 大沢たかお, 三田佳子, 江守徹, 優香, 市川理矩, 細田善彦,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3041-9a37917c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック