花燃ゆ 第37回「夫の忘れがたみ」

ここでは、「花燃ゆ 第37回「夫の忘れがたみ」」 に関する記事を紹介しています。



八重の桜では非常に良く描いていた鳥羽伏見の戦いですが、今回はほとんどナレーションで済ましてしまうという残念な結果となりました。会津がどのような必死な思いでこの戦に望んでいたかを理解しての、今回。長州には別な思いがあるのだろうと思って見ていたのですが、脚本家にはあまりその部分は重要視されなかったのでしょう。

これまで亡くなった寅次郎、久坂、高杉たちの思いは新しい日本国を作り、新しい世の中を作ること。そのおもいがようやく形になったのに、その場面をしっかり描かなくては、彼らに対する配慮が足らないのではないかと思ってしまいます。そういえば、あんなに出ていた坂本龍馬も、この物語中のどこかで亡くなっているんですよね。。。

今回の物語のメインは、京に久坂の忘れ形見がいるという話を高杉から聞いて出かけるというもの。いろいろ探すのですが、奇跡的に辰路さんにあうことはできたのですが、美和にとってそれが目的の人だということまで理解できずに戻ってきてしまいます。これはきっとフラグであり、遠くない将来あのときの人という設定で再度登場することになると思います。

そんな美和は最後に楫取と良い感じで見つめ合い、ラブラブな雰囲気を醸し出し、結果としてもの凄く元気になって行きます。

さて、次回は世代交代関連でゴタゴタしそうな感じがします。今回奥から変えていくと宣言した美和がどのように中央政治に影響を及ぼすのか、楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
京都府京都市
 - 木戸孝允 勅撰碑


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 花燃ゆ, 久坂美和, 北大路欣也, 三浦貴大, 大沢たかお, 高良健吾, 井上真央, 東出昌大, 黒島結菜,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3028-2bee1a28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック