花燃ゆ 第32回「大逆転!」

ここでは、「花燃ゆ 第32回「大逆転!」」 に関する記事を紹介しています。



高杉の快進撃が次第に長州全体を巻き込む内戦に発展していきます。こういう場面は見ていて本当に気持ちいいですね。椋梨も長州のことを思っているのですが、世の中の状況や民衆に強引に弾圧を加えてしまったことによって、逆に追い込まれる状況になっていきます。

椋梨の考え方も決して誤っているわけではなく、幕府に恭順の意を示すことによって長州を守るのだという考え方は一理あるのだと思います。その政治の進め方に問題があったのだと後になって見ると感じます。伊藤や小田村、前原といった後に政府の要職に就く人々も、きっとこういった出来事を通じて学ぶものが大きかったのではないでしょうか。

その一方で、美和は着実に銀姫の側近としての地位を高めていき、徐々にその権力が大きくなっていっていて、かつての江のように直接政治を動かしたり、主君にモノを申すようになっていくのではないかと危惧をしています。もちろん、それが史実にのっとったものであればいいのですが。今回は、銀姫のおつきの人物の人選を手動になって行い、その中で高杉の妻を採用していたりもしていて、権力の大きさを改めて感じました。

次回の予告を見ると、美和は毛利敬親に対する兄の梅太郎の謁見を認めさせます。ここから徐々に表の政治の舞台に不自然に入り込んでくるようだと、視聴者としては違和感を覚えていくと思っています。そのあたりのさじ加減が難しいところですが、高杉を中心にどのような展開になるのか楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
山口県下関市
 - 功山寺

山口県美祢市
 - 金麗社



関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 花燃ゆ, 高良健吾, 劇団ひとり, 佐藤隆太, 井上真央, 大沢たかお, 黒島結菜, 永岡佑, 内藤剛志,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3021-18c9b682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック