花燃ゆ 第24回「母になるために」

ここでは、「花燃ゆ 第24回「母になるために」」 に関する記事を紹介しています。



前回の衝撃的な久坂玄瑞の浮気告白から1週間。我々視聴者も文も、驚きを抑えることが出来ないまま今回に突入します。そんな中久坂家にとっては、小田村の次男を養子にするという話が持ち上がります。小田村に気持ちを打ち明ける久坂ですが、どこかに文に対する後ろめたさがあるような雰囲気であり、小田村はそんな状況を知るでもなく、いつ死んでもおかしくない状況なので言いだしづらかったと理解し、自身の次男を養子とすることを認めます。

しかし結果的に、久坂は京で何の心境の変化かわかりませんが文に対して、これからは父親としての役目をしっかりと果たすことを宣言し、すっかり心を入れ替えます。これで京でお世話になった辰路さんの出番も少なくなってしまうのでしょう。途中、寿の子供の頃の苦労話などもカミングアウトされましたが、夫婦仲という綿では小田村家も久坂家も良くなったのではないでしょうか。

一方歴史上の人物に目を向けると、高杉が京に向かったことを藩としては脱藩行為とみなし、次回からおなじみの野山獄へとつながれることになります。その責任を取って小田村は長崎に向かいます。このように政治の世界でも小田村の存在感は大きく、自分の知らない長州を見た様な気がします。そういった高杉の代わりに台頭してきたのが来島又兵衛なのですが、山下真司さんが演じるだけあって、とにかく熱い男です。過去の大河ドラマでは龍馬伝で角田さんが演じたこともあるということから、そういう人が配役されるのかもしれません。

長州が向かう道は物語のなかでは、まだまだ混沌としてよく分かりませんが、有力な人物がどのように藩をひっぱて世の中をかえていくのか楽しみにしたいと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
山口県防府市
 - 防府天満宮


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 花燃ゆ, 久坂文, 井上真央, 高良健吾, 東出昌大, 大沢たかお, 山下真司,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3011-1aaf70e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック