花燃ゆ 第21回「決行の日」

ここでは、「花燃ゆ 第21回「決行の日」」 に関する記事を紹介しています。



今回は、久々に江を思い出す展開となりました。久坂を追って山口まで来た文が最初に出会ったのが毛利敬親とその正室。正室からは弱気になって悩んでいる文に対してそのようなことでどうするのかと叱咤する様子でしたが、その直後に登場した毛利敬親によって中途半端に退場させられることに。さくっと自分の身辺のお世話は要らないと断りを入れます。

その後からが思い出す要因となる場面。あのときも主人公が様々な殿様に直接直談判したりしながら、さすがにそれはないのではないかと思わせる状況でしたが、今回も毛利敬親と文が直接会話をするという少し現実離れしている感が否めない状況になります。もしこれが史実に合っているのなら勉強不足なのですが、せっかく北大路欣也さんが自分の政治手法についていい話をしているのに、その相手が文というのでは少し引いてしまいます。なるべくその場に文がいることを忘れて、毛利敬親の「そうせい!」という言葉の意味を深く考えていました。
おそらく、そのまま萩の杉家にいたのでは、話として微妙と判断し表舞台に登場させたのではないかと考えられますが、それは強引だという印象を与える危険性もあるので、微妙なさじ加減が求められるのだと改めて感じます。

当の文について見てみると、久坂が京で女性に言い寄られていることを噂で聞き、さらに毛利敬親の言葉を噛みしめた上で、好きなように夫に行動してもらうことが望ましいと判断し、それを久坂に伝えます。しかし次回の予告を見る限りでは、ここで引き下がるような文ではないことがわかります。

攘夷運動を長州の立場から見てみたいと思っていたのですが、ここまでのところそのあたりは飛ばされかなり簡易な形で描かれているのが残念で仕方ありません。家茂の上洛、下関からの攻撃などもっと深く描けそうなところもあったのではないでしょうか。今後の描写の中で少しでもそういったところが明るみになれば良いなと思います。

◆花燃ゆ紀行◆
山口県下関市
 - 壇ノ浦砲台跡


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 花燃ゆ, 久坂文, 井上真央, 伊勢谷友介, 原田泰造, 高良健吾, 黒島結菜, 東出昌大, 鈴木杏,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/3004-c7de0255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック