軍師官兵衛 第41回「男たちの覚悟」

ここでは、「軍師官兵衛 第41回「男たちの覚悟」」 に関する記事を紹介しています。



前回までで天下統一を果たした秀吉ですが、次の野望は大陸への進出というとてつもないスケールの戦を考え始めます。周囲が困惑しながらも必死に諫めようと努力するのですが、そのほとんどが徒労に終わってしまい、最後に残ったのが官兵衛と利休でした。

官兵衛が秀吉に意見を申し上げようとセッティングされた茶室で官兵衛が「耳が痛い話を・・・」と始めようとすると、それを遮るようにして利休が説得を開始します。この辺りは官兵衛への配慮が十分になされた結果なのでしょう。国を疲弊させるだけだと厳しく話をする利休ですが、結果的に秀吉の反感をかってしまいます。そればかりか、ちょうどいいタイミングで三成が利休に関する情報をインプットすると、秀吉はもう完全に利休許さないぞパターン。結果として利休は切腹を命じられることになります。

それにしても利休は黄金の茶室でもてなすなど、秀吉に対して一定の配慮をしていたのですが、茶碗に関してはものを申さないといけないという表れからか、曰く付きのものを提示し秀吉を怒らせてしまうという状況。相手を説得するのであれば、ある程度この辺りは相手に合わせた方が良かったのになと感じてしまいます。しかしそれも利休の芯の強さからくるものなのかもしれません。

これで秀吉に意見を言える人が官兵衛だけになってしまうのですが、官兵衛も秀吉が意固地になってしまうとどうしようもありません。次回からは大陸への出兵が始まり、ドロドロした状況になりそうです。官兵衛がどのように三成や秀吉と対峙していくのか楽しみにしたいと思います。

◆官兵衛紀行◆
京都府大山崎町/京都市
 - 千利休屋敷跡(晴明神社)


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 軍師官兵衛, 黒田官兵衛, 岡田准一, 竹中直人, 黒木瞳, 伊武雅刀, 田中圭, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2962-ea01321b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック