軍師官兵衛 第26回「長政初陣」

ここでは、「軍師官兵衛 第26回「長政初陣」」 に関する記事を紹介しています。



とうとう本格的に登場するようになった長政。前回までの子役の人の演技がめっちゃうまかっただけに、これから松坂桃李さんが演技してくれるのか楽しみなのですが、まだ若干目が慣れていないのか不自然な感じがしてしまいます。それも数回すれば慣れるのでしょうが。

初陣ということもあり血気にはやっている状況は、官兵衛の若い頃と一緒なのですが、それでも子供から父のように調略をしてばかりではなく、正々堂々と戦いたいと批判が飛び出し始め、ありがちな父と子供の冷戦状況になってしまうのではないかと密かに危惧しています。今まで一度もそういうことがなかったのに、元服してからいきなりこのような言動をされてしまうと、長政に変なイメージがついてしまいそうでコワイです。しかし、そこは太兵衛がなんとかしてくれることでしょう。

そしてそんな黒田家の状況とともに今回のメインシーンは、光秀の恨み度倍増状況でしょう。自分が昔からお世話になったという国師といわれる高僧の快川を助けることができずに焼き討ちになってしまうのですが、そこで立ち尽くす光秀。なんだか決意じみた感じで、これから本格的に本能寺の変に突き進んでいきそうな勢いです。現に次回の予告であの有名な台詞をおっしゃっていましたから。

高松城水攻めについては、今回まだ完成しておらず水浸しになった状況は次回になったのですが、積み重ねた付近の地形調査を確実に一つの作戦に結びつけるのが凄いと感じます。結果だけ分かっていれば、これは水攻めしか作戦はないなと思うのですが、それは始めに考え抜いた人の知性の高さを改めて感じます。

次回は、生まれたばかりの熊之助ももっと登場して、賑やかになるのでしょう。この子供がこの先どうなってしまうかは知ってしまったので、何とも言えない気持ちなのですが、それでも黒田家に暖かい家族の絆が強まることを願ってやみません。

◆官兵衛紀行◆
岡山県瀬戸内市
 - 妙興寺


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 軍師官兵衛, 黒田官兵衛, 松坂桃李, 岡田准一, 速水もこみち, 宇梶剛士, 中谷美紀, 春風亭小朝, 江口洋介, 山本學,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2938-d6e23d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック