軍師官兵衛 第23回「半兵衛の遺言」

ここでは、「軍師官兵衛 第23回「半兵衛の遺言」」 に関する記事を紹介しています。



今回の内容を見て改めて感じるのがこの時代の過酷な状況です。時代の流れを読みながら正しいと思って動いた荒木村重は結果的に毛利の援軍が来ることもなく逃亡することになり、それによって一族がすべて根絶やしにされてしまいます。だしを演じる桐谷美玲もここまでかなり露出していましたが、これで終了でしょう。

荒木村重の妻という役がここまで登場した背景はきっとこの後に明らかになるのではないかと思っています。例えば、キリシタンになるきっかけを与えてくれたのがだしだった、等。全く関係なく単に露出していただけなら、演出家が桐谷美玲のファンか、美女であったという話を盛り立てただけだったのか、いずれにせよ悲しいことです。

救い出された官兵衛は信長から許され、光や松寿丸と感動の再会を果たします。男の子の父親として思わず感情移入してしまい、涙ぐんでしまいました。松寿丸役の若山耀人くんはかなり素晴らしい演技をしていて、これからこれまでの子役のように、どんどん活躍していくのではないかと思います。

次回からは、本格的に官兵衛が軍師としての道を歩んでいきます。その初めの一歩が次回なのですが、ペースダウンしないように盛り上がる場所をどんどん作って楽しませて欲しいと思います。まずは、小寺との再会といったところが見所でしょうね。

◆官兵衛紀行◆
兵庫県神戸市
- 有馬温泉


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 軍師官兵衛, 黒田官兵衛, 岡田准一, 中谷美紀, 竹中直人, 江口洋介, 若山耀人, 谷原章介, 田中哲司, 桐谷美玲,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2934-d2a70987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック