軍師官兵衛 第19回「非情の罠(わな)」

ここでは、「軍師官兵衛 第19回「非情の罠(わな)」」 に関する記事を紹介しています。



前回の突然の村重の謀反によって状況は一変し摂津一国があっという間に反信長勢力となってしまいます。それは前回よりも前から村重が抱いていた一つの疑念、つまり自分がいくら頑張っても報われず、一つの間違いであっという間に命を狙われてしまうという極度のプレッシャーにあったのだと思います。そのようなプレッシャーの中で自分がかつて熱い思いとして持っていたものも時代に変化していきます。

多くの武将が村重に考え直すように説得を試みますが、もはや意志は固く有岡城も緊張状態になります。その中で今回、といいますかこれからのなかでも大きなポイントなるのが官兵衛が村重を説得するために有岡城に向かうというシーン。これまで幾度となく官兵衛は様々な武将のもとを訪れ説得を試みてきたのですが、今回は重要ポイントとしてみているのか、描写シーンがこれでもかというくらい長くとられていました。これで有岡城で何もないと考える方が不自然でしょう。

官兵衛は村重は旧知の仲なので、自分がきっとなんとかすることができると思っていたのでしょう。しかし、旧知の仲であっても、それとこれとは話が別。殺されず幽閉されただけでもよしとしなければならないと思います。それくらい危険な行動を官兵衛はしていたのであり、お家のトップであるものとして自分がいなくなることによって下手をすると多くの家臣の生活をぼろぼろにすることになるので、本来であれば慎重にならなければならないケースであったのではないでしょうか。結果は歴史が教えてくれるのですが。

主君である政職にまで裏切られ、これまで義理を通していた官兵衛も絶望したことでしょう。裏切りはしないと宣言した官兵衛ですが、この先政職とどのような関係になっていくのか、幽閉中の黒田家をパパが仕切る姿とともに楽しみにしたいと思います。

◆官兵衛紀行◆
滋賀県近江八幡市
 - 安土城跡


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 軍師官兵衛, 田中哲司, 江口洋介, 生田斗真, 竹中直人, 岡田准一, 片岡鶴太郎, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2928-4436f86e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック