軍師官兵衛 第9回「官兵衛試される」

ここでは、「軍師官兵衛 第9回「官兵衛試される」」 に関する記事を紹介しています。



官兵衛が竹中半兵衛と出会ってたった数分で今回の題名にもなっている「試される」ことになります。この辺りの無駄を排除したシンプルな導入も半兵衛の人となりを考慮して、演出したものなのでしょうか。いずれにせよオープニングで官兵衛と半兵衛の要件は済んでしまったので、あとは官兵衛がどのように播磨の武将達をとりまとめるかに移っていくことになります。

まず別所はこれまで政治を任せていた後見の人たちから初めて自分の意見を言うようになった主君をうまく説得することができて、無事に1人目をGET。続いて登場した赤松ですが、周囲は完全に敵対モードでどのように主君を説得するのか楽しみにしていたのですが、残念ながらそのシーンはなく気がついたら赤松は説得完了して安堵しているではありませんか。どのように説得したのか後で回想するシーンがあるという淡い期待ももろくも崩れ去り、結局分からずじまい。残念すぎます。

最後に官兵衛を困らせることになるのが自分の主君である政職でした。始めに赤松と別所が信長に会うことになったら、自分も会うという約束であったのですが、突然自分は会わないと言い出す始末。その理由は官兵衛が信長や秀吉の家臣であるかのようにきびきびと働いていることに対してへそを曲げたとのことなのですが、こういうことで主君として成り立っていけるのか少々疑問を感じてしまいます。後に半兵衛に裏切ったらどうかと言われて激怒しますが、傍目から見ると至極当然な思いかもしれません。

さて、次回はとうとう毛利の大軍が攻めてきて官兵衛達の試練を迎えます。さらに荒木村重も密かに信長への不満を漏らし、この先のフラグを立てている状況なのでどう転ぶかも流動的であり、目が離せなさそうです。

◆官兵衛紀行◆
滋賀県長浜市
 - 黒田氏旧縁之地碑


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 軍師官兵衛, 黒田官兵衛, 岡田准一, 竹中直人, 谷原章介, 片岡鶴太郎, 江口洋介, 田中哲司,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2913-812baa82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック