軍師官兵衛 第6回「信長の賭け」

ここでは、「軍師官兵衛 第6回「信長の賭け」」 に関する記事を紹介しています。



前回武兵衛たちが命を落とし、新たに黒田家の家臣となった者たちにとって、母里太兵衛は完全にいじめの対象であり、自分たちとは違う異端児としてはぶられていました。太兵衛のいうこともごもっともで、戦国の世の中で弱いものは生き残ることができないことから、家臣団のなかに強くなろうとする気持ちが弱いと感じたのでしょう。しかし、このように一方的な思いを持っている人が仲間のなかにいるとまとまらないのも事実。そこで、官兵衛は栗山善助に武兵衛と義兄弟になり黒田家をまとめていって欲しいと伝えます。これがうまくいったことが、今後の黒田家の結束を高めて強い武将になっていく礎を作ったのかもしれません。

中央に目を向けると、信長が足利義昭を奉じて京にやって来た後、好き勝手にやっている義昭にがまんができずにとうとうたたくことになります。しかしそのまま自分から将軍家に戦いを挑んでしまうと逆賊になってしまうことから、義昭の方から挙兵するのをまってそれに向かい討つというかたちを取ります。家臣の中でそれを把握していたのは竹中半兵衛だけというところも、彼の能力の高さを感じます。この場面ですが、義昭がなぜ京の都を追われることになったのか、その状況があまりにも唐突でよく分かりませんでした。今回のように、突然信長からの要求書から始まると、義昭が悪政を京で行っていたのか、単に信長が口実を作っただけなのか分からないでしょう。

その信長に付き従うことにした荒木村重は、摂津一国を治めるまでになります。村重から色々と聞いているうちに信長や中央の世界に興味を持ち始め、もうすぐ交わろうとするフラグがしっかりと立ったといえます。次回に向けて、光の父が亡くなり御着での立場が微妙になることも想定されますが、大きな判断がやって来そうなので、そのあたりの思いをしっかりと見てみたいと思います。

◆官兵衛紀行◆
兵庫県西脇市
 - 兵主神社



関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 軍師官兵衛, 岡田准一, 濱田岳, 速水もこみち, 江口洋介, 吹越満, 田中哲司, 桐谷美玲,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2908-f22b59aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック