軍師官兵衛 第5回「死闘の果て」

ここでは、「軍師官兵衛 第5回「死闘の果て」」 に関する記事を紹介しています。



見終わってみて改めて感じるのは、初めの怪しすぎる穏やかな雰囲気は決して続かないということ。黒田家では、官兵衛と光の間に松寿丸が生まれ、家臣である武兵衛と侍女のお国は恋仲になってめでたいということで心が躍るような幸せな雰囲気が醸し出されていました。

しかし、ここは戦国の世。こんな時間が長く続くわけもありません。赤松政秀が姫路に攻めてくると武兵衛とお国は帰って来たら祝言をあげようと誓い合います。この辺りで確信になります。このような状況になって戻ってくることはほとんどないと。

苦しい戦いになることが分かっていて、それでもプロポーズしてしまって、帰って来れなかった時に、相手の女性がどんなに苦しむか、冷静になって考えてみればなんて残酷なことを言っているのかと思ってしまいますが、戦争に向かう男性というのは、それを命の源として戦う生き物なのかもしれません。

それにしても、お国役で登場したしょこたんですが、やはりちょっと浮いているような気がします。現代ではぱっちりした目で存在感たっぷりなのですが、昔の服装になって目のあたりの化粧も今とは全く異なることから、始め見たときにしょこたんと分からずスルー。

多くの犠牲をはらいながら、赤松に勝利した官兵衛。武兵衛も戻ってはきませんが、それでも立ち止まっているわけにはいかず、次々と新しい部下を迎え入れます。その中にはもこみちさんもいたりしますが、彼は今後黒田家で永井大さんから変わってトラブルを起こしながら、官兵衛を支えていく役柄になる様子。どうなっていくのか楽しみにしたいと思います。

◆官兵衛紀行◆
兵庫県たつの市
 - 龍野古城
兵庫県姫路市
 - 黒田官兵衛古戦場跡


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 軍師官兵衛, 岡田准一, 中谷美紀, 永井大, 中川翔子, 江口洋介, 吹越満, 竹中直人, 谷原章介, 塩見三省,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2907-2652891f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック