八重の桜 第33回「尚之助との再会」

ここでは、「八重の桜 第33回「尚之助との再会」」 に関する記事を紹介しています。



ここ数回、熱い演技で巷で評判をかっさらっているのが、槇村正直を演じる高嶋政宏さん。京都府知事という権力に対して、実に様々な振る舞いを見せています。時にはやってくる陳情を意見も聞かずにあしらって、覚馬に助けてもらう場面もあり、落ち着きのない行動をするかと思いきや、きっちりと言うべき所はいうような状況もあったりして、この人物が実力者なのかどうか判断に困るような場面がいくつも登場します。

結果的には、長州を排除しようという流れの中で逮捕され、それを助け出すために覚馬と八重は木戸孝允に嘆願しにいくまでの人物だとわかるのですが、この先もまだまだ彼は様々な場面で絡んでくると思うので、どのような人物なのかじっくりと観察していきたいと思います。

そして、今回の最も大きなイベントとしては尚之助との再会でした。タイトルにも登場するのですがその居場所を教えてくれたのがなんと勝海舟。サラリーマンNEOの生瀬勝久さんはかつての熱さはなくなってしまい、落ち着いた演技で尚之助の現状を八重たちに伝えてくれます。それをもとに尚之助のもとに向かう八重。そこにいたのは、子供達に学問を細々と教えるやつれた尚之助の姿でした。

色々な事情をしった八重は、自分が完全に誤解していたことを悟り、尚之助とともに生きたいと願うのですが、尚之助は抱きしめた後にそっと押し戻し、八重は前を向いて生きていく人であり、自分とは違うのだと伝えます。確かに尚之助にはまだ裁判が残っており一緒に暮らすことによって八重に大きな負担をかけてしまうことは間違いありません。

こうして、尚之助と八重はこの回をもって完全に縁が切れたということになります。この場面はさすがにグッと来るものがありました。これまでの八重を静かに支えた尚之助。会津にやってきて結果的に彼の人生は良かったのだろうかと思いますが、本人はきっと満足のいく人生だったのではないかと思います。

こうして、八重は再び前を向いて明治という激動の時代をかけていくことになります。次回からはとうとう別々の道を歩んでいた新島襄とコンタクトがあるというので、第二の人生がどのように華ひらいていくのか楽しみにしたいと思います。

◆八重の桜紀行◆
京都府京都市
 - 女紅場址碑


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 八重の桜, 綾瀬はるか, 西島秀俊, 長谷川博己, 髙嶋政宏, 生瀬勝久, 及川光博,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2873-5c6e1c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック