意外に恐ろしいコーヒーフレッシュの成分

ここでは、「意外に恐ろしいコーヒーフレッシュの成分」 に関する記事を紹介しています。



喫茶店やコーヒーショップに行くと、ほぼ無料で入手することができる砂糖とミルク。店員さんは確かに「ミルク」といい、出てくるのものは一般的にはコーヒーフレッシュと呼ばれています。呼び方が違うミルクとコーヒーフレッシュ。実はこれらは全く違うものだったのです。

自分は今までコーヒーを飲む際に砂糖を入れすぎると体に良くないと考え、コーヒーフレッシュだけを入れていました。このコーヒーフレッシュですが、成分表には以下のように書かれています。

・乳化剤
・植物性油脂
・増粘年多糖類
・PH調製剤
・着色料
・香料

ここにはどこにも牛乳(ミルク)の主成分である動物性の乳脂肪分が含まれていません。つまり自分が今までミルクと勘違いしていたコーヒーフレッシュは、主に植物性の油と着色料から成り立っていたのです。植物性の油と聞くと真っ先に思い出すのはサラダ油ですが、そういったものに白い色をつけたものがコーヒーフレッシュというもの。

水と油は分離してしまうので、それを防ぐために乳化剤を入れ、さらにとろみをつけるために増粘年多糖類を入れています。まさに化学物質満載の食品ということになります。

人には様々な考え方があり、一概にこのコーヒーフレッシュが体に良くないと言い切ることはできないでしょうし、安全性は必ず担保されているはずです。しかし、大切なことはその食べ物がどのようなものであるかをしっかりと把握しておくことにあります。

自分がきちんと知った上で摂取する分には何の問題もありませんが、無知のまま自分で誤解をした状態で摂取することは決して望ましい姿ではありません。

今回のコーヒーフレッシュの件で、あらためて食について見つめ直すきっかけとなったような気がします。

冨士 生クリーム乳脂肪20% (160g)

冨士 生クリーム乳脂肪20% (160g)
価格:240円(税込、送料別)


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : コーヒー, ミルク, コーヒーフレッシュ, 成分,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2804-b4d4b843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック