平清盛 第32回 「百日の太政大臣」

ここでは、「平清盛 第32回 「百日の太政大臣」」 に関する記事を紹介しています。



今回の題名になった太政大臣を100日だけつとめて辞任し、その間に次々と平氏の一門を登用して朝廷の中で平氏の存在感をあげたという事実は、最後のナレーションで登場するだけで、その間もわずか1分程度。それよりも松田聖子オンステージの時間の方がよっぽど大きかったのではないでしょうか。

先週はオリンピック中継のため放送されなかったからなのか、今回特有の問題なのかわかりませんが、全体の流れがよくわからないまま終わってしまったような気がしてなりません。朝廷での力をどんどん伸ばしていく清盛に対して、快く思っていない朝廷の公卿の皆様。この辺りは以前とほとんど変わらない構図です。同様に快く思っていない後白河院は、宴の中で松田聖子オンステージで息を吹き返した清盛と最後はなんだか楽しそうな雰囲気まで醸し出します。

その他清盛の周りの人々が多くの出来事を繰り出してくるのですが、なんだかそのいずれも単発モノで全体として連続性に欠けるような印象を受けてしまいます。

その連続性がないと感じた最たるモノとして、源頼朝と八重姫との出来事でしょう。朝廷での出来事とは完全に隔離された世界での出来事であることをナレーションの中でしっかりと宣言した後に、頼朝の苦しみを描いています。この物語は清盛についてだけでなく、平氏が滅亡するところまでを描くというので、きっとこの先に控える「平氏を滅ぼす」という強い信念がどのように形成されていったのかを描きたいためのシーンだと想像することができますが、正直それも分かりづらいのが現状です。

次回からどのような展開になるのか、全く想像がつかない中でせめて方向性だけでも指し示してくれるような展開になることを願って次回を楽しみにしたいと思います。


◆清盛紀行◆
静岡県伊豆の国市
 - 蛭ヶ島公園
 - 眞珠院

静岡県伊東市
 - 音無神社
 - 最誓寺



関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 上川隆也, 松田翔太, 深田恭子, 松田聖子, 福田沙紀, 成海璃子, 岡田将生, 峰竜太,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2790-1763df96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック