平清盛 第27回「宿命の対決」

ここでは、「平清盛 第27回「宿命の対決」」 に関する記事を紹介しています。



前回から始まっていた平治の乱ですが、一から内裏で守りを固める源氏の方が不利な状況だったようにみられます。それは頭が藤原信頼であり彼は完全にたるみきっているからに他なりません。塚地武雅ということで、必ず落ちを見せてくれると思っていましたが、その予想通り「誰か私を守れ」といいながら慌てふためる醜態をさらします。きっと2枚目俳優ではこの演技をすることもできなかったでしょうし、そもそもそのオファーも来なかったことでしょう。

実質今回が平治の乱の本編ということになり、平氏一門と源氏一門が相まみえます。初めの士気は源氏の方が高かったのですが、その裏をかいて藤原信頼への忠誠を誓います。内裏の内部から翻るものも登場したことにより、完全に形成が逆転します。この辺り結果的にはうまくいきましたが、かなりの賭けであったように感じます。一歩間違えれば、逆に平氏がやられてしまったことにもつながりかねません。

それでも結果としては、源氏に心の隙ができ、そこに平氏が付くことによって、後鳥羽上皇と帝を六波羅に救い出し官軍となって圧倒的な心の支えをつかんだ平氏が勝利することになります。

最後は義朝と清盛の一騎打ちという、ドラマ的には盛り上がるのですが歴史的に本当にあったことなのかが謎なシーンが延々と続きます。二人がともに切磋琢磨しながら成長を続けてきたことがこのドラマの柱の一つなので、ここまで力を入れるのは当たり前のことでしょう。最後に清盛は義朝に刀を突き刺し、負けたことを悟らせるのです。かっこいいのですが、どこか冷静に見てしまう自分がもどかしくもありました。

戦争で負けてしまうと、残酷な仕打ちが待っています。それはこの時代に置いても保元の乱で痛いほどわかったもの。義朝を始め源氏に待ち受けているものはとてつもない過酷なものでしょう。その中から歴史が明らかにしている状況を作り上げたことができた源氏の盛り返しようが次の楽しみになりそうです。


◆清盛紀行◆
京都府京都市
 - 常盤
 - 光念寺


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 玉木宏, 上川隆也, 松田翔太, 深田恭子, 中川大志, 塚地武雅, 中村梅雀, 武井咲,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2778-0c88f53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック