やってはいけないコーヒーの飲み方

ここでは、「やってはいけないコーヒーの飲み方」 に関する記事を紹介しています。



適度なコーヒーは体にいいという科学的なデータに基づいた報告が様々な場所でされていますが、実は飲み方によっては健康に害を与えてしまうものもあるといいます。そこで、今回は、5つのやってはいけないコーヒーの飲み方についてみてみたいと思います。


1: 寝起きにコーヒーを飲む

朝起きてすぐに、眠気覚ましにコーヒーを飲む人は多いのではないでしょうか。コーヒーにはカフェインが多く含まれていますので、朝一番にコーヒーを飲むことで、インスリンの利きを悪くし、血糖値を上がりやすくしてしまうのです。そこで飲むのなら、朝食後30分以上時間をあけてから飲むようにしましょう。


2: 薬やサプリメントをコーヒーと一緒に飲む

手元に水がないときなどについやってしまいがちなのが、コーヒーで薬やサプリメントを飲むこと。これでは、せっかくの栄養がカフェインとくっついてしまい、栄養効果がないまま体外へ排出されてしまいます。薬やサプリメントを飲むときは、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。


3: タバコを吸いながらコーヒーを飲む

タバコを吸っている人の口臭が気になるという人もいいのではないでしょうか。それは、喫煙時に口内に付着するヤニのニオイと、吸い込んだ煙が肺から出てくるときのニオイの両方が合わさることが原因。さらに、コーヒーを飲む人はコーヒーのニオイがプラスされて口臭の強力さが増し、人との会話中や、満員電車の中などで嫌がられるニオイになってしまうのです。

タバコの本数を減らしたり、コーヒーを飲む量を減らすことで口臭は軽減されるのですが、いきなり禁煙するのも、コーヒーの量を減らすのも大変だという人は、歯を磨いたりガムを噛んだりして、ブレスケアをしっかりとするようにしましょう。


4: 鉄分の多い食材と一緒にコーヒーを飲む

プルーンやひじき、レバーには鉄分が多く含まれています。ここで気を付けたいのは、コーヒーに含まれているタンニンが鉄分の吸収を妨げてしまうということ。鉄分の吸収を良くするためには、コーヒーではなく、ビタミンCも一緒に摂れる100%フルーツジュースがオススメです。


5: お茶と一緒にコーヒーを飲む

コーヒーを飲んだ後の口直しにお茶を飲んですっきりしたいという人もいるようですが、コーヒーとお茶の両方に含まれるカフェインの働きで、頭や目がはっきりとし、脳が覚醒して睡眠に影響がでます。特に夜は、質の良い睡眠をとるためにも控えるようにしましょう。


上手につきあえば、素晴らしい効果を発揮してくれるコーヒーですが、上記のような飲み方を意図せずにやってしまうことによって、逆に健康を害してしまうことになります。コーヒーを飲む際の参考にして頂ければと思います。


【参考】Peachy http://news.livedoor.com/article/detail/6715824/


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : コーヒー, 飲み方,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2777-a549ea3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック