平清盛 第17回「平氏の棟梁(とうりょう)」

ここでは、「平清盛 第17回「平氏の棟梁(とうりょう)」」 に関する記事を紹介しています。



物語の屋台骨をしっかりと支えてきた中井貴一演じる平忠盛が前回までで、本当に静かに去っていってしまい、名実ともに清盛の世界がやってきます。中井貴一はやはり、ミキプルーンを飲用しても、DCカードで薬を購入してもダメだったのでしょう。

周囲から疑問符が生じていた清盛が平氏の棟梁になるのですから、はじめからうまくいくわけがありません。様々な場面で、火種がくすぶるのも無理はないと思っていましたが、今回は早速それがやってきます。

いくつか同様の無茶っぷりがあるのですが、全ての共通しているのはとにかく叫んでその場を自分の思い通りにしようとしていることではないでしょうか。例えば、始めに平氏一門を前にして、「亡き父上の固き志を継ぎ、武士の世を目指す!」と叫び、みんなは「おー!」と言いながらも、その直前の内容から何となくわだかまりが残っているような雰囲気。

2つめは、藤原家成のご厚意で自分の棟梁就任を祝う歌会をすることになった際、その歌会の席で歌とも思えないような子供達の名前を書き連ねただけの内容を披露し、その上で自分は身内や一門などを全力で守っていくとその場にいた人を凍り付かせるような発言をします。見方を変えれば、身内思いの素晴らしい棟梁なのですが、完全にTPOをわきまえない無礼者とうつっても仕方ないでしょう。

忠盛はその辺をしっかりとわきまえていて、自分の思いはその機が熟すまで自分の心うちに秘めておいて、いざというときに飛び出させていました。清盛のこの姿は、一門を滅亡させることにもつながる程の危険な行為でもあります。結果的には平氏は清盛の時代に大きな繁栄を得ることができたのですが、この状態のままで勝ち得たものなのか、ここから清盛が変わっていくのかは、今後の見所と言えるでしょう。

そして、奥さんにも怒鳴り散らします。明子と比べるという言ってはいけないことを言いだし、子供達も敵に回してしまうのですが、それを自分で反省し、しっかりとフォローを入れてきます。この辺り、ちょっと幼稚な演出だなと思ってしまいます。

大きく内容をある方向へふるのですが、その答えをすぐにその後に直結させ答えを示すような内容がこのところ続いているような気がします。もう少し、一貫性のある人間性を描くために、静かな物言いや態度で示し続けるといういぶし銀的な演出がほしいところ。しばらくは難しいかもしれませんが。

そんな風に左右に揺れながらもしっかりと前を向いて進んでいる平氏と対称的に、源氏は義朝と為義の親子争いが激化します。為義としては、義朝が強くなりすぎてしまい、自分のプライドを完全にへし折ってしまったため、名刀は義朝の異母弟である義賢に譲ってしまったのです。親子だけでなく、義朝と義賢の争いも今後厳しさを増していくことでしょう。こっちのほうが何となく荒削りではありますが、見応えがあるような気がします。

3点セットの3つめである王家の様子ですが、まさにいちゃんが演じる崇徳上皇が再び登場し、暗い様子で雅仁親王と密談を交わします。この裏の勢力が鳥羽院と得子という表舞台の住人にどのように反撃をするのか、その一歩手前というタイミングで今回は終わり。ゴタゴタのフラグは、次回に向けたものといえます。摂関家の皆様は、仲良く顔を真っ白にしながら座っていたので、今回は争いが一段落した様子。この先このまま何もなくフェードアウトという状況もあるかもしれません。

次回は源氏のゴタゴタを中心にお届けされることになりそうです。武井咲の常磐御前もなかなかきれいなので、次回はそれを楽しみにしたいと思います。

◆清盛紀行◆
神奈川県鎌倉市
 -鶴岡八幡宮
 -寿福寺


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 中井貴一, 阿部サダヲ, 山本耕史, 深田恭子, 玉木宏, 三上博史, 上川隆也, 武井咲,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2722-156a877d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック