平清盛 第15回「嵐の中の一門」

ここでは、「平清盛 第15回「嵐の中の一門」」 に関する記事を紹介しています。



前回から平氏一門はバラバラになっていました。確かに結果論的に言えば清盛が棟梁となってよかったのかもしれませんが、そのまっただ中にいる人々から見てみると本当に任せることができるのか不安だったと思います。清盛に任せると、天罰が下る可能性もありますし、平氏を正しい方向に導いていってくれるのか疑問のなかで、家盛のように生まれもしっかりとしていて、品行方正な若者のほうが安心感があるのも当然の考えといえます。

そんな拮抗した思いがうずまく平家のなかで、不幸が起こります。これまで跡継ぎの有力候補になっていた家盛が病で倒れてしまうのです。こうなってくると完全に神輿に矢を射た清盛の天罰が下ったと考えるのは自然でしょう。当然母親である宗子は家盛に触らず、ちょっと関係がよくなったかに見えたおじの忠正からも「代わりにお前が死ねばよかった」という衝撃的な罵声も飛び出す始末。

これで完全にふさぎ込んでしまった清盛に対して鳥羽院は高野山の宝塔再建という大役を授けます。なかなか気が進まない清盛をサポートしたのが、かつての義清である西行と高階道憲でした。この二人がくじけそうになっている清盛をもり立てて、高野山の宝塔再建は再開されます。久しぶりに登場した西行の周りにはやはり女性がたくさん寄ってきて大人気。このあたり、作者としてはキャラクターとしてそういうものだったと自分たちに伝えたいのでしょうか。この場面だけ本編とはあまり関係ないもので浮いていたように感じます。

その再建作戦に快く思っていないのが藤原摂関家。鳥羽院にあった帰りの忠盛に対して、家盛が平氏を乱しただけで犬死にだと状況を説明する藤原頼長。山本耕史の見るものを嫌悪感の嵐に誘い込むほどの悪役ぶりも素晴らしく、完全に摂関家のイメージは急降下中です。話をした後の忠盛のものすごい形相は忘れることができないほどで、この勢いのまま高野山再建をしている清盛のもとにいって、すぐにこんなことをやめるようにいいます。

本当にやめてほしいのであれば、書いている曼荼羅をバラバラにしてしまえばいいと思うのですが、散々息子を殴った後、清盛が心から家盛のことを思っていることを感じた忠盛は、血だらけにした息子の前で涙を浮かべます。感動の場面ですが、あくまで殴ったのは自分であることを忘れてはいけません。さらにやってきた宗子はこれまでさげすんでいた清盛に優しい言葉をかけます。この手のひら返しが素早すぎるのがなんだか違和感を感じたのは自分だけでしょうか。

何はともあれ、平氏はこれで結束が高まったとのこと。ひとまず安心です。次回は源氏や藤原摂関家がバラバラになって行きます。そのさなかで父親である忠盛もとうとう最期がやってきそうです。次回は中盤戦の一つの大きな転換期になると思いますので、心して視聴したいと思います。

◆清盛紀行◆
和歌山県高野町
 -根本大塔
 -奥の院
 -弘法大師御廟
 -金剛峯寺


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 中井貴一, 阿部サダヲ, 山本耕史, 深田恭子, 玉木宏, 三上博史, 上川隆也, 武井咲,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2713-c073eb72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック