平清盛 第14回「家盛決起」

ここでは、「平清盛 第14回「家盛決起」」 に関する記事を紹介しています。



前回、弟から決別と共に今後は兄とは思わず家督を継ぐとまで言われてしまった清盛は、今回そのショックから立ち直ることができずに、最後まで落ち込んだ様子でした。家を継ぐことを宣言されたことよりも、小さい頃からずっと仲良しで、自分のことを兄上と慕ってもらった家盛が突然反旗を翻したことに対してショックを受けたのです。

事実、途中で平氏一門で集まった際に家盛に対して、もう自分は降りたとまで宣言したことからも、家督に関するこだわりはなく、ただただ弟のことを思っていたのだとわかります。

しかし、演出家は、家盛のことをあまりよく描きたくないようで、一門の繁栄のことを述べる家盛に対して、世の中がよくなるということを常に考える清盛の対比の場面では、かなり差が出たように思います。見る側から見ると、大きな視点で物事を見ることができる清盛と局所的な利益しか見ることができない家盛という図式ができあがってしまったのではないでしょうか。そう考えると、家盛はまるで悪役のような扱いになってしまったのが少し残念ではあります。

そんな家督争いに第三者が近づいてきて利用しようという動きはいつの時代でもつきもので、この平氏の家督争いに絡んできたのが藤原摂関家でした。中でも頼長の絡み具合は半端なく、男同士にも関わらず、家盛に近づいては寄り添っていく様子はなんだか軽いカルチャーショックを受けました。その誘いに乗ってしまう家盛も不慣れで用心が足りなかったとしかいえないでしょう。公の舞台での経験値があまりにも少なかったので、上のものに完全に飲まれた感じでした。

今回の内容の中で、家盛が終始頑張ってはなかなか報われず、利用され続ける悲しい状況の中で唯一盛り上がったのが義朝と清盛の絡みでしょう。久しぶりに登場した義朝は、今回かなり清盛とフレンドリーでした。二人で酒を交わしながら色々と言い合っている様子は、見ていてなんだか楽しくなります。ライバルでありながらもお互いのことを認めている二人というのは気持ちのいい関係です。なので、これからもこの二人の関係はいい意味で続いていってほしいと思います。

その二人が出会ったのが、武井咲演じるみすぼらしい身なりの娘でした。町の女にも関わらず、出演時間が半端なく多いので、絶対に今後何らかの形で大きな影響を及ぼすことになりそうな人であるとわかります。それがいい人なのか、そうでないのかは分かりませんが、実にわかりやすいフラグになったような気がします。

次回は、今回主役になった家盛が、ちょっとやばい状況に。これによって平氏がまた揺れに揺れる内容になりそうです。ここまで盛り上がっているのに視聴率が下がっているのは、やはり時代自体に興味が薄いからなのかもしれません。NHKもなんとかしようと、ホームページにこれまで見ていなかった人のために、わかりやすく内容をまとめた絵を掲載して必死に分かってもらおうとしています。これがどのくらい功を奏するのか分かりませんが、次回以降視聴率がどのようになっていくのか楽しみです。

◆家盛紀行◆
和歌山県本宮町
 -熊野古道
 -大斎原
 -熊野本宮大社


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 中井貴一, 阿部サダヲ, 山本耕史, 深田恭子, 玉木宏, 三上博史, 上川隆也, 武井咲,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2706-c80c762c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック