平清盛 第12回「宿命の再会」

ここでは、「平清盛 第12回「宿命の再会」」 に関する記事を紹介しています。



少しずつではありますが、源氏の勢いが出てきて何となく嬉しくなりました。やはり物語を白熱したものにするためにはライバルという存在が必要であり、お互いに切磋琢磨することで人間的にも魅力的になって行き、世の中も良くなっていけばいいんではないかと思っています。

そういう意味で、今回東国から帰ってきた義朝はそのインパクト十分でした。片手には鳥羽法皇が求めていた水仙の花を携え、完全に清盛を出し抜いた形になります。義朝は東国の部下たちに命じて東北の山から取ってこさせたといっています。それに対して清盛は自ら原っぱの中を探し求めます。結果を出したのは義朝の方。部下をうまく使って結果を出した結果、上司から認められるという現代にも通じた統制の取れた手柄と言えます。きっと作者としても今回の義朝の活躍から、将来的に平氏と源氏が共に世の中を二分する大きな勢力になることを示していたのでしょう。そのフラグとして十分すぎるほどの登場シーンでした。

さらに、義朝や清盛のプライベートでも進展があります。明子を病でなくした清盛はしばらくふさぎ込んでしまいますが、それを必死で元気づけたのは時子でした。深田恭子という人選も雰囲気を良く出していていいと思います。それに対して義朝が自分の子供を産めというなんだか理不尽な言い方をしながらも求婚したのが由良姫でした。こちらは、田中麗奈でありキャラが少々かぶっているような気がしなくもないのですが、今後きちんと色分けされることを願っています。

そして、いつもドロドロな雰囲気になる王家関連の皆様ですが、今回は璋子が出家&病で倒れる、それを見た得子が慈悲深い発言を繰り返すことによって、なんだか穏やかで心温まる情景に早変わりします。病で床に伏せる璋子を心配して鳥羽法皇が水仙の花を探してまた取り乱します。このあたり、こういう人に国政を任せていて本当に大丈夫なのだろうかと思ってしまいますが、璋子への思いが今ようやくここで届いたと感じるべきなのでしょうね。実際、義朝の活躍によってGETした水仙を璋子に届け、璋子はそれを携えてあの世へ旅立っていきます。

得子は璋子を地獄へ落とすために色々と画策してきたのですが、結果として璋子は安らかな気持ちで旅立っていったのはなんだか皮肉なことです。こころなしか得子の表情も優しく見えたのは自分だけではないでしょう。そこは松雪泰子の演技をほめた方がいいかもしれません。

そろそろ、今後活躍しそうな人物もそろってきていて、物語も本格的に動き出そうとしています。ここまでの流れがすごくもどかしいと感じた人もいるとは思いますが、しっかりとした物語を作るためには必要不可欠だったと思います。そんな次回は平氏の初めての聞きが訪れます。どのように打ち払っていくのか楽しみにしたいと思います。

◆清盛紀行◆
京都府京都市
 -法金剛院
 -青女の滝
 -花園西陵



関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 中井貴一, 阿部サダヲ, 松田翔太, 松雪泰子, 山本耕史, 深田恭子, 森田剛, 玉木宏,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2693-f5502d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック