多彩な缶コーヒーの製法

ここでは、「多彩な缶コーヒーの製法」 に関する記事を紹介しています。



缶コーヒーという存在がここまで大きいのは世界のなかで日本だけだそうです。それは食文化の違いによるものなのか、それとも日本の缶コーヒーがおいしいからなのか、謎ではありますが、ドリップコーヒーと比較してやはり見劣りしてしまう缶コーヒーでも、何となく飲んでしまうのは、そこに魅力があるからなのかもしれません。

各社ともに、缶コーヒーのパッケージに様々な新製法が大々的に紹介されており、美味しさをアピールしていて、それにつられて飲んではおいしいと感じてしまいます。しかし、そういった製法についてどんなものがあるのか、それはどのように作られているのかをほとんど知ろうとじっくり見たことがありませんでした。つれられて買ったキャッチコピーなのに、具体的に知らないのはよろしくないので、今回はそういった缶コーヒーの製法について見てみたいと思います。


◆ディープボディ製法(キリンビバレッジ・ファイアブラック)

直火で仕上げた焙煎豆を粉砕して水に入れます。それを長時間かけて煮沸し出てきた蒸気(味わい成分)を冷却して液化したものを、従来通りに抽出したものに加えます。これによって、力強い味わいを実現しています。


◆TTND製法(UCC上島珈琲・UCCブラック無糖)

低温・中温・高温と、3つの温度帯のお湯を段階的に用い、無理な圧力をかけることなく自然の力のみでドリップする技術です。コーヒー本来の香りを缶コーヒーでも楽しむことができるようにと考案されました。高温度帯のみの抽出よりも、キレ味もよく上質な香りを味わうことができます。


◆脱酸素製法(ポッカコーポレーション・aromax)

コーヒーの味や香りを変化させてしまう原因は酸素にあるという考えから、コーヒーの抽出から充填・密封までの製造工程と原料から極力酸素を除き、淹れたての味わいを再現しています。


◆サファイアドロップ製法(ダイドードリンコ・デミタスサファイアBLACK)

浅煎りと深煎りに焼き分け丁寧に抽出することで甘く華やかな香りと深みのあるコクを次第現に引き出し、幾重にも折り重なったネルろ過を採用することで、徹底的に雑味を排除した上質でクリアなコーヒーに仕上げています。


これはほんの氷山の一角であり、一つの商品でも複数の製法を重ね合わせることによって独自の味を出しているものも多くあります。よくコーヒー豆のお店に行くと、コクやキレ、酸味、渋みといった様々な味が紹介されています。缶コーヒーにおいても、どの部分を強調するかによって製法も違ってきているのでしょう。

製法の違いを確かめるには、それぞれのブラックコーヒーを飲んでみるといいと思います。混じりけなしのコーヒーを飲むことによって、その商品が何を目指しているのかが分かるでしょう。個人的には後味がすっきりしていて飲みやすく、それでいて口の中でコーヒーの香りが広がるものが好みで、そういった商品がないか常に探しています。

自分の家では決してできない缶コーヒーならではの自分好みの味を探してみてはいかがでしょうか。

【参考】Searchina http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0320&f=business_0320_026.shtml


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 缶コーヒー, コーヒー, 製法,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2690-65bc4635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック