スプリングコンサート2012

ここでは、「スプリングコンサート2012」 に関する記事を紹介しています。



スプリングコンサート2012

曇り空のどんよりとした天気にも関わらず、気温が多少高いこともあり思い切って子供と図書館に出かけることにします。雨降りで外に出られずに家の中でパワーをもてあましていた彼にとって外に出ることが楽しかったらしく、太鼓の達人に登場する「ダッシュで帰宅」にならって、図書館にダッシュする彼を必死で追いかけます。

図書館に着くと、今日は「たま学びのフェア2012」と題して様々な催し物が開催されていました。自分たちのお気に入りでよく定期演奏会に行っている多摩川吹奏楽団による演奏もあるということなので、時間になるまで図書館で絵本を読んであげたりしながら待つことにします。

時は経ち、15時40分に多摩市民館大ホールに入ると、観客は3割程度の入りでした。雨が降っていたこともあり、出足が鈍かったこともありますが、ゆったりと子供と見ることができるというメリットもあるので、複雑な気分ではありますが、時間になるまで静かに子供と待ちます。待っている間子供は「楽しみだね、早く始まらないかな」といつになく気合いが入っています。

ブザーが鳴り始まる場面を写真で撮ろうとすると、子供に「パパ、写真撮っちゃダメって言ってたよ、約束したでしょ!」と小声で怒られます。館内放送では「写真撮影は周りのお客様の迷惑にならなように配慮しながらお願いいたします」と言っていたので、OKなのですが、こんなことを言えるようになった子供に感動していた自分は素直に、「そうだね、ごめんね」といって写真をしまいます。

演奏は、ウィーアー!、踊る仔猫、ドレミの歌、名探偵コナンのメインテーマ、そしてアンコールで三百六十五歩のマーチと続きます。どれも取っつきやすい演奏ばかりで子供と楽しく聞くことができました。はじめは乗り出すようにじっと聞いていた子供ですが、最後の最後で落ちそうになるところを必死に起こしながら、最後まで一緒に聞くことができました。

途中、ドレミの歌では自分でもピアノで演奏することができる歌なので、リズムを取っていたのが驚きです。音楽になじむことができるのもこの街のいいところだと思います。終わった後、子供は大満足で「面白かった、ピアノがなかったけど」と言っていました。吹奏楽団なのでピアノはないんだよと話すと、「そっか」と納得した様子。多分また聞かれるとは思いますが。

これからも、このような催しには積極的に参加したいと思います。関係者の方、お疲れ様でした。そして素敵な演奏をありがとうございます。

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 多摩川吹奏楽団, たま学びのフェア, 多摩市民館,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2689-bb426bea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック