ゆっくり歩けば周りが見えてくる

ここでは、「ゆっくり歩けば周りが見えてくる」 に関する記事を紹介しています。



通勤の途中、流れに乗って足早に歩いている自分に気がつき、ふとゆっくりと歩いてみることに。すると自然と視線は下から上の方を向くようになり、周囲の様々なモノが見えてくるようになるのです。例えば、駅のちょっとしたところに花が生けてあったり、春の装いをした看板が並んでいるのに気がついたり。

それらの発見は、顔を上げて周囲を見渡さない限り見えてこないモノです。例えば、車の運転している時、時速30キロメートルで運転しているときと100キロメートルで運転しているときとでは、視界が全く違うと思います。

高速運転をしていると、とにかく前方の注意を払うのが精一杯で山がきれいだ、とか、海が今日は穏やかだと感じることができにくい状況にあります。これが街の運転などで低速の場合には、ある程度周囲の状況が目線に入ってきやすくなり、色々なものを感じる事ができるでしょう。もちろん脇見運転はまずいので、一瞬の周囲の確認にはなってしまいますが。

人が歩くときも同じことが言えるのではないでしょうか。とにかく早く歩いて先を急いでいるときには、周囲の雰囲気や情景を楽しむことはできにくくなります。一方で、ゆっくりと歩くだけでそれができるようになるのです。

そこで見つけた一つ一つのものは本当に小さな発見かもしれませんが、そこから心動かされたりして何かを感じる事によって、感情のトレーニングになり新しい発見につながりやすくなるのです。さらに、みるモノに興味を持って色々見てみるといいと思います。街にあるものはほんの小さなモノであっても、そうなっている理由というモノがあります。その理由を考えてみるのも面白いでしょう。

毎日が忙しく動いていく中、「歩く速度を緩める」ことで心の余裕を持つことができるのだとしたら、すごくお得なことだと思います。きっとまだ「見えていない」素敵なモノが毎日の通勤、通学の途中にまだまだたくさん眠っているのではないでしょうか。

ウォーキング・セラピー~セロトニン活性~ウォーキング・セラピー~セロトニン活性~
(2007/12/14)
ヒーリング、ペッカー 他

商品詳細を見る
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 歩く, ウォーキング, 発見,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2679-b6c76fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック