紳士服下取りの意図とは

ここでは、「紳士服下取りの意図とは」 に関する記事を紹介しています。



先日、ずっと着用してきたスーツのズボンのおしりの部分がすり減ってしまったことから、新しいスーツを購入しようと紳士服売り場に行きました。ちょうどフレッシャーズフェアと題して新入社員向けのスーツを積極的に販売している中、それ以外の紳士服はそれよりも割高で売られていたので、「自分はフレッシャーズには見えませんか?」と店員に質問してみます。すると苦笑いをしながら「転職するので、新入社員ですよね」と問いかけた人がいたことを教えてくれました。見た目の若さって重要だなと改めて実感します。

出鼻をくじかれた形にはなりましたが、気を取り直し紳士服選びにうつります。今のトレンドは2ボタンだということで、逆に2ボタンは胸の部分が開いてしまい気持ち悪いと思っていた自分にとっては新鮮で軽いカルチャーショックを受けたものです。この数年で3つボタンは絶滅してしまったようです。

そのなかで一つ気になる表示を発見します。そこには「不要になったスーツ 下取りします」という文字。一定以上の金額の商品を購入することによって、1着20000円で下取りしてくれるというのです。これは利用者から見るとものすごく嬉しいサービスで、もう着られなくなってしまった紳士服をこんなに高額で下取りしてくれるなら、新しい商品を購入する足しにもなります。

しかしこのサービス、いったいどのような意図を持って行われているのでしょうか。下取りするからには何らかの意図があるからに違いありません。そこで有名紳士服専門店の例を見ながら、この紳士服下取りサービスについて見てみたいと思います。

大手3社であるコナカ、青山、AOKIを見てみると、CSR(企業の社会的責任)の一環として不要になった紳士服の中に含まれるウールを回収、加工して再び自動車の吸音材、手袋やモップなど生活用品、フラワーポットなどにリサイクルされたり、土にかえし羊が食べる草を育み再びウールとなって帰ってくる循環型リサイクルをも実現しています。

こういった中長期的なCSRの観点が示されていますが、一方で短期的な企業へのメリットもはるのではないかと考えています。それは多くの紳士服専門店が他社で購入したものを含めて下取りをしてくれ、その代わりに2万円引きの商品引き替え券をもらえます。この2万円というのが絶妙なのです。

多くの紳士服は上下で安くても定価で4万円台から始まります。つまり、2万円引きとは50%オフということになるのです。原価を考えると、おそらく4万円もしないでしょうから紳士服店としては十分利益を出すことができます。さらに、ズボンの手直しや名前入れ、ワイシャツの追加購入などプラスアルファのモノやサービスを購入します。これによって客単価を結果的に押し上げることに成功しているのです。

さらに一度でも購入してくれたら、その紳士服店は定期的にそのお客様に訴求することができるようになるため、さらなる購買を期待することができる機会を得ることができます。このように、短期的にも企業として十分メリットを得ることができ、中長期的なリサイクルというCSRによって企業イメージのアップにも貢献しているのです。

利用者の立場から見た場合、いい物を安く購入することができるバリエーションが増えるのは大歓迎であり、双方にとってメリットがある施策こそ、長続きするサービスとして残っていくのだと思います。

【参考】
・コナカ http://www.konaka.co.jp/item/pickup/recycle/top.html
・青山 http://www.aoyama-syouji.co.jp/eco/about/product.html
・AOKI http://www.aoki-style.com/campaign/tradein/


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 紳士服, 下取り, CSR, リサイクル,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2678-e0d8cd6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック