切り抜きもデジタルの時代「スマレコペン」

ここでは、「切り抜きもデジタルの時代「スマレコペン」」 に関する記事を紹介しています。



新聞や雑誌を見ていて、後で取っておきたいという記事を見つけたときにするのがスクラップ作業ですが、これが結構面倒で、苦労して切り抜いた後にその紙をどこかに貼り付けたり挟んだりして保存しておく必要がありました。これらは、何をとっておいたのか整理するのに不便で、自分の場合には定期的に見直しをした上で、インデックスをつけています。

しかし、このデジタルの時代の中でコンピュータが得意な「検索」という仕事を人間がして、必要な記事を取り出すのはなんだか時代遅れのような気がしていました。もっとデジタルで簡単に保存し、それを検索できないかと考えていたところ、それに近い商品がナカバヤシから発売されるといいます。

それが、「スマレコペン」です。使い方は非常に簡単で、切り抜きたい部分をこのペンを使って囲み、その囲んだ部分をスマートフォンの専用アプリで撮影するだけ。これだけで囲まれた記事をデータ化することができるのです。

これで、切り抜きをデジタルで保存することができることから、かさばらないし、ほしいときにほしい情報を利用することができ、さらに他の人と共有することもできるようになる、まさに夢のようなアイテムといえます。要素技術としてあるのがスキャナ機能であり、これによってデジタルとアナログが融合されたと開発者は語っています。

このペンの機能をさらに拡張して、保存したものを文字として認識し、その文字単位で検索してほしい情報を検索することができるようになった時、OCR機能も備えた真のデジタル-アナログ融合が成り立つのではないでしょうか。

【参考】Walkerplus http://news.walkerplus.com/2012/0229/3/


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : スマレコペン, ナカバヤシ, スクラップ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2675-beb0f928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック