平清盛 第6回「西海の海賊王」

ここでは、「平清盛 第6回「西海の海賊王」」 に関する記事を紹介しています。



前回の最後でものすごい戦いを予想させるシーンで終わった西海の海賊退治。今回はそのシーンを中心に大切な分岐点を織り交ぜるという内容となりました。

始めて一戦を交えた海賊と平氏は、完全に平氏の完敗に終わります。清盛の乳父である盛康は深手を負ってしまい、もはやこれまでかという瀕死の状態で戻るわけですが、その後もしっかりと意見していたので、なんとか元気になれたようです。

巨大な船が宋から来た唐船の威力を始めて知らしめられた平氏ですが、その唐船と棟梁を知りたいと思った高階通憲と清盛は二人で海賊船を探しに出ます。高階通憲が出てくると何となくバラエティー色が強まるような感じがします。始めて登場した際にユーモアあふれる状況であり、その後も雰囲気はそのままだったのも大きいと思います。そんな二人はこの理不尽な世の中に憂いを感じ、身分に関係なく実力がある人はどんどん登用しようという宋という国に行こうと意見が合います。この後に登場する兎丸にも共通する日本を何とかしたいという共通する思いと共に、この頃から考え方が同じような人たちが同士となり得る要素を含んでいたのかもしれません。

捕らえられながらも思い通りに唐船に乗り込むことができた通憲と清盛。そこで棟梁の兎丸に出会います。先日加藤浩次が登場するということが話題になっていましたが、実際に見てみるとすごく似合っています。話し方も途中から関西弁がばりばり出ていて、時代的にどうなんだろうと思ってしまうところもありましたが、雰囲気は良く出しているように思えました。

兎丸は、居場所がなくなった農民や漁民などを自分の船に呼んで、適材適所で仕事を与えていったことによって、自分を補佐する最高の部下を持てるようになっていました。志は違えど、この思いに感動した清盛は「この男と一緒に何か大きいことをやってやりたい」と思うようになっていったのだと思います。

このあたりのシーンは本当に迫力がありました。NHKのページを見てみると昨年の9月頃から撮影をしていて、CGなどを使わずに現場での撮影にこだわりがあり、見ていてぐっと引き寄せられるシーンが数多くありました。大河ドラマはやはり大きな迫力をどこまで演出できるか、そういう側面もあると思うので、今回はこれぞ大河と思えるシーンを見ることができたと思います。

そんな兎丸に捕らわれた清盛を救うかどうか、忠盛たちは悩みます。助けにいってやられるようなことがあれば、この任務は完全に失敗に終わり平氏は終わり、そんなぎりぎりの選択の結果、出した答えは清盛を助けにいく、それも平氏全員で。これが一つの転換点となりました。

翌朝、つるし上げられている清盛を平氏のみんなが助けに来ます。ものすごい死闘の末、平氏は見事勝利。このシーンで、棟梁の兎丸と清盛の一騎打ちはものすごい迫力でした。約6分間、カットも入れずに二人の間合いが続きます。二人にとって、小さい頃から様々な思いを相手に対して思っていた関係であることがわかり、その思いが激しい戦いへとつながっていきます。兎丸は結果、疲れ果て双方倒れます。捕らえるように命じた忠盛に清盛は、この者たちの処遇は自分に任せてほしいと進言します。結果として平氏の仲間となった兎丸は、上記でも書いたように、はじめから仲間になる雰囲気を持ち合わせていたのかもしれません。

今回の最大のポイントは、今まで平氏のお荷物だと自他共に思っていた清盛ですが、自分のために全員で助けに来てくれる平氏を見て、自分は血はつながっていなくても平氏の一員であり、武士であると心から感じたことにあります。これによって、清盛は一つ大人になって平氏全体のことを考えながら大人な対応ができるようになるでしょう。

前回まで中心になっていた鳥羽院周辺の出来事は、今回は大きく進展することもなく次につながるのはもう少し先のことになりそうです。また、義朝も熱田神宮で後の頼朝の母となる由良姫と最悪の出会いをしています。周囲も少しずつ物語の導線を広げつつ、次回はどの方向に話が広がっていくのか楽しみにしたいと思います。

◆清盛紀行◆
広島県竹原市
 -瀬戸内海
 -耳無地蔵
 -忠海


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 平清盛, 松山ケンイチ, 中井貴一, 玉木宏, 藤木直人, 田中麗奈, 加藤浩次, 藤本隆宏, 深田恭子, 檀れい,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2660-e302f1bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック