ひげを抜くのは肌によくない?

ここでは、「ひげを抜くのは肌によくない?」 に関する記事を紹介しています。



ひげは男にとって渋さを表現するアイテムになると同時に、非常にやっかいなものでもあります。自分の場合、ひげが濃いことから数日放っておくと、本当にひどい格好になってしまいます。しかも肌が弱いのでT字型のひげそりを利用すると肌が赤くなって血が出てきてしまいます。必然的に電動ひげそりに頼らざるを得ない状況になり、朝の貴重な時間をひげそりに費やすことになってしまうのです。

そんなひげそりでもなかなか剃ることができないのがあごの下の部分やこめかみの部分のえらになったところ。ここを剃り残すことを多くあり、それを仕事の合間の時間に何かをしながら抜いています。R25という雑誌で25歳から34歳の男性にアンケートをとったところ、日常的にひげを抜いている人は62%にも及び、自分と同じような人が思いの外多いことが分かります。

しかし、このひげを抜くという行為、専門家によると必ずしも皮膚にいいとは言えないようです。よしき皮膚科クリニック銀座の吉木伸子先生によると、ひげを抜いてしまうと毛穴の奥にある「毛乳頭」という皮膚の一部が傷ついて出血し、ばい菌が入って炎症を起こす危険性をはらんでいるといいます。

さらに、何度も傷つけすぎることによって、シミになったりニキビの原因にもつながるとのこと。ひげを剃ることによって傷つけるよりも皮膚にいいとばかり思っていた毛抜きは、実は逆効果であったことが分かります。気になっても決して抜かずにひげそりを使って剃るのです。

ひげそりをする際には、理髪店でするように剃る場所を温めて毛を柔らかくしてから剃ることでダメージを抑え、その後に男性化粧品売り場で売られている保湿ジェルを塗ってケアするといいそうです。

小さい頃、父親からジョリジョリされていやな思いをした経験があるにも関わらず、自分の子供にもスリスリしては「やめて」と本気で怒られるという悪循環を繰り返しているのですが、ひげをなるべくなくしツルツルな肌を手に入れるのはあこがれでもあります。

電動ひげそりよりもよく剃れて、お手軽なひげそりという、面倒くさがり屋にはもってこいのひげそりを今日もまたネット上で探し求めるしか手はなさそうです。

【参考】web R25 http://news.goo.ne.jp/article/r25/life/r25-20120202-00022655.html


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : ひげ剃り, スキンケア, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2656-abc3562e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック