TABITTERに連れて行ってもらう意外な旅先

ここでは、「TABITTERに連れて行ってもらう意外な旅先」 に関する記事を紹介しています。



先の東日本大震災を契機に旅行に対して消極的になっている状況を打開しようと様々な取り組みが官民を問わず進められています。その一つとしてユーザー参加型WEBサイト「日本再発見。~もう一度日本を見つけよう~」があります。自分も以前この取り組みに賛同し自分が今までに行ったことのあるすばらしい場所を紹介させていただきました。

TABITTER

そんな官民合同による「国内旅行振興キャンペーン」のさらなる発展形として登場したのが「自分や友人に最適な旅行先を提案してくれる」旅先マッチングWEBサイト「TABITTER(たびったー)」です。あらかじめtwitterやfacebookのアカウントがある方なら誰でも利用することができるのです。早速利用してみました。

まず、「あなたへの旅のおすすめを知る」と「あなたの友人への旅のおすすめを知る」という二つのメニューを選択します。自分が次に行くとしたらどんなところがいいのだろうと思っていたので、「あなたへの旅のおすすめを知る」を選択します。次にtwitterかfacebookのどちらでログインするかを聞かれるので、twitterを選択。

旅先のレコメンド

すると、自分が今までつぶやいた内容が画面に表示され、最も適したおすすめの旅行先をシステムが生成してくれるのです。しばらく待っていると、「あなたへのおすすめの旅行先は、北海道です」と表示されます。その理由は「かわいい」というキーワードから丹頂鶴がヒットしたためと考えられます。丹頂鶴がかわいいのかはよくわかりませんが、きれいな写真を見ているとものすごく道東へ行きたくなってきます。

レコメンドの詳細

このTABITTERが推薦してくれる仕組みは、twitterもしくはfacebookユーザーの過去のつぶやきや投稿を取得し、それに含まれる頻出ワードを自動抽出し、それと、観光庁が2011年7月に開設した、ユーザー参加型WEBサイト「日本再発見。~もう一度日本を見つけよう~」に蓄積された観光地の魅力に関する投稿をマッチングさせることで、最適な旅行先とその情報を提示してくれるというもの。日本再発見で蓄積したデータが今度は旅先の推薦として違った形で有効に利用されているのです。

自分が主体的に選ぶのでなく、自動抽出で旅行先が提案されることの「面白み」「意外性」など、あなたが「TABITTER」から得られると考える良い点を記載してください。

通常旅行は、自分が行きたいと思った場所を選ぶものですが、このように自分が主体的に選ぶのではなく、旅行先を提案してくれることによって、今まで自分が明確に行きたいと思うのではなく潜在的に思い描いていた場所を見つけ出すことができるという新しい発見をすることができることにこのサイトの面白さがあると思います。

そもそも旅行とは日常生活を抜けて、今まで自分が感じることができなかった意外性を見つけることに、大きな楽しさを感じるもの。人からの推薦だけだと自分にとって興味がある場所なのかわからないといったことも多いのですが、TABITTERのように過去のじぶんのつぶやきという明確な自分と当てはまるものを元にしているという点で、推薦された場所は行ってみたい場所にすぐに変わることができる要素を大いに含んでいると思います。実際、自分も推薦された北海道に行ってみたくなっています。

TABITTERというツールから、まだまだ自分のなかにある感動を呼び起こすためのきっかけをつかんでみてはいかがでしょうか。

[PR by ブログタイムズ]
関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : TABITTER, 観光庁, 日本再発見, twitter, facebook, レコメンド,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2625-edee6a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック