風邪薬は早めに飲むほど効くのか

ここでは、「風邪薬は早めに飲むほど効くのか」 に関する記事を紹介しています。



冬になると気になるのが風邪のこと。少し調子が悪くなると「風邪引いたかな」と思ってしまいますが、それで会社をなかなか休むことができないのがつらいところです。医師の処方に基づいた薬が効くのは分かっているのですが、それを入手するのに会社を多少なりとも休まなければならないことから、お世話になるのが市販の風邪薬。

そんな風邪薬ですが、CMなどでは早めに服用することで治りがよくなるようなことが言われていますが、これはどういったことなのでしょうか。風邪薬とは、それぞれの症状を抑えるために服用するものであり、タイミングに関わらず、いつでもいいと考えてしまいますが、実際はもうちょっと深い理由があるといいます。

「パブロン」シリーズを販売する大正製薬の方によると、風邪を治す一番の方法は自身の免疫力により風邪の原因となるウィルスを倒すことだといいます。当然免疫力を保つためには自分自身の体力が必要となります。そこで対症薬である風邪薬が、体力を消耗させる発熱や咳といった症状を抑え、結果的に免疫力を高める助けをすることにつながるということだそうです。

つまり、軽い症状のうちに風邪薬を服用すれば、健康なときとほぼ同レベルの体力を維持でき、より早く風邪のウィルスを倒せるということなのです。そこで問題となるのが、どのタイミングで飲めば最も効果的なのかということになります。

先ほどの大正製薬の方によると、風邪のサインは人により異なるのですが、よく言われるのが喉の違和感。少しイガイガするかな、と感じる程度で服用して問題ないといいます。それ以上の症状の場合にはきちんと病院に行くことをすすめています。

先日、会社の近くにある薬局に行ったときのこと。多くのサラリーマンがやってくるようで、「休めない人に早めの対処を支援します」と書かれた張り紙が入り口にかかっています。入って、風邪の薬を購入し、ドリンク剤を購入したところ、そのドリンク剤にビタミンを調合してくれて、一緒に飲むともっと効果的だというスペシャルドリンクを作ってくれました。画一的なものだとばっかり思っていた薬局のサービスですが、本当に意外でした。ちなみに次に日にはばっちり治ったのは、この薬局のおかげです。

このように早めの対処であれば、風邪薬と共に体力をつける補助飲料等を利用して治すことができることを知りました。まさに先手必勝なのが風邪の対処なのです。

【参考】web R25 http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20111201-00022179-r25


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 風邪薬, 早め, パブロン, 大正製薬, ,

コメント
この記事へのコメント
こんばんは
今日の記事は読むごとにうんうん・・とうなづける事ばかりです
私も長年の経験から、喉のエヘン虫の時に
うがいとマスクとホールズブラック!で治してしまいます。
でも二日経っても改善されない時はお医者様に行きます
(めったにそうなることはないくらい初期の対処は効き目がありますね)
2011/12/05(月) 18:07 | URL | Hulaさん #amXlFcx2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2604-19a857f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック