坂の上の雲 第10回「旅順総攻撃」

ここでは、「坂の上の雲 第10回「旅順総攻撃」」 に関する記事を紹介しています。



とうとう最終部となる第3部が始まりました。始まりの時間が7時半からでもう少しで見逃すところでしたが、時間が長い分映画を観ているかのような感覚になりました。その一つ一つの出来はものすごく、これが1年間続いてくれれば史上最高の大河ドラマになったのではないかと思えるほど。久々にわくわくしながら最後まで見ることができました。

1ヶ月ほど前から復習するための番組が放送されていてしっかり復習をしたおかげか、タイムラグをあまり感じることなく今回の旅順攻撃の場面に入っていくことができました。前回まででロシアと侵攻のある広瀬が亡くなり、さらに正岡子規もなくなったことから、第3部は日露戦争を描くことがほとんどになるのだろうと思っていましたが、今回のバランスを考えてもその通りであることが分かります。

物語のはじめは日銀副総裁の高橋是清が日露戦争の戦費調達を行うためにイギリスに滞在することから。当たり前の話ですが戦争を進めるためにはお金が必要であり、自国のお金だけでまかなえるものではないので、他国から融資してもらわなければなりません。この当たり前のことを、しっかりと描いているドラマを見たのは自分の中でこれ以外にありません。

日露戦争で戦っている人々以外にも日本を勝利に導くために必死になって戦っている人がいるのです。ユダヤ人の金融家が日本に融資しますが、それはロシアのユダヤ人に対する仕打ちがあまりにもひどいことが起因していて、そういったことを高橋是清は「世界は複雑だ」と表現します。今の時代に高橋是清がいたら、彼はなんと嘆くのだろうとつい考えてしまいます。

そんなお金を工面してくれたにも関わらず、陸軍が旅順で戦っている間はつねにお金がなく、玉がないと嘆きます。限られた予算を陸軍のこの第三軍にうまく渡せなかったのかもしれません。柄本明さんが演じる乃木希典は何の情報もないのに上からは期日だけは迫られ、正面突破を人海戦術で攻めるしかありませんでした。このドラマに出てくる俳優や女優はみなさん、うまい人ばかりなのですが、中でも柄本明さんの迫真の戦いぶりは、観ているこっちも息をのむほどでした。戦闘シーンで、どうしてこんなにリアリティがあるのだろうと不思議に思っていたら、NHKのWebページにその答えがありました。

それは、歩兵一人一人の表情がしっかり見えるということ。ご飯を食べて一息ついている場面や、決死の戦いをしている最中の表情、そのすべてがつぶさに写っているのです。こういうシーンでは、指揮官ばかりが注目され、兵はひとかたまりで表現されるのですが、このドラマではそれをよしとしないところに、クオリティの高さを感じます。

その旅順から離れた遼陽の近くに好古はいました。真之が感情の起伏をあらわにし、上のものから諭されていたのに対して、好古はほぼ完璧な振る舞い。さすがです。敵情視察の兵士をねぎらい、その報告にそってロシア陸軍を横から攻めて撤退に至らせます。危なげなく任務に当たっている好古をみると、昔からこのひとは弱い部分がないなと感じ、常に比べられる弟の真之に同情してしまいます。いつか必ずある失敗が命に関わる問題でないことを祈ってしまいます。

さらにそこから遠く離れた船上には秋山真之が、連合艦隊の一員として旅順港を常に監視していましたが、今回は弱い部分を思い切り周囲にさらけ出してしまいました。これも昔からの彼のキャラクターではありますが、正しいことをきちっと述べるいい面と、頭に血が上ってしまった時の突発的な行動には激しい落差があります。今回すごく感じたのは戦場で、1つ誤った判断をしてしまうと多くの兵士を失い、命もなくなってしまうということ。真之の冷静さを失う行動の裏に、多くの命がなくなるリスクを考えると、参謀長の島村の背負い投げも当たり前のことのように思います。

しかし、真之には周囲にあまりのも大人ですばらしい判断ができる上司がたくさんいるということが、安心材料ではあります。先ほどの島村を始め、東郷平八郎といった石原軍団の重鎮がきっちりと抑えてくれているので、きっと大丈夫でしょう。どうしようもなく厳しい戦いはきっといい方向に向かってくれるのではないかと期待させられます。

次回は、二〇三高地攻めです。一つ一つの話が独立していて、それらの関連性は非常に薄いのですが、過去の絡みを脳裏に浮かべながら、すべての関係者が登場し続け、どのように生きていくのかをチェックしながら観ていくと面白いと思います。


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 坂の上の雲, 本木雅弘, 香川照之, 阿部寛, 菅野美穂, 渡哲也, 高橋英樹, 柄本明, 舘ひろし, 西田敏行,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2602-0c639526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック