タブレットPCで広がる子育てのバリエーション

ここでは、「タブレットPCで広がる子育てのバリエーション」 に関する記事を紹介しています。



スマートフォンをもつ人が増えはじめ、家の中でも1台はタブレット端末が存在するような時代になりました。我が家でも大小2台のタブレット端末があり、家族で利用しています。操作感が今までのデジタル機器にないほど直感的なので、特に子供はすぐに使い方を覚えてしまい、今や完全に使いこなしています。これからの時代、このような端末に接しないということはないので、どうせ使うのであればうまく利用したいと考えています。

パパ・ママのためのタブレット活用術講座

そんな矢先、「パパ・ママのためのタブレット活用術講座」というイベントがあることがわかり、早速行ってきました。新発売のNECのタブレットPC「LaVie Touch」を題材として、イクメンで有名な安藤哲也さんと、家事アドバイザーの矢野きくのさん、そしてLaVie Touchの開発者の方を交えて、子育てや家事にタブレットPCがどのように活用できるか、様々なアイデアが飛び出す非常に有意義なイベントとなりました。

パパ・ママのためのタブレット活用術講座

今回はその中で話題になった活用方法と、自分が思い描く「こう使えたらいいな」をご紹介したいと思います。ゲストのお二人は実際に2週間ほどLaVie Touchを使用してその活用方法を紹介してくれました。

まず安藤哲也さんは、イクメンらしく子供に絵本を読ませてあげるのに活用されていました。普通の絵本ではできない音や映像を駆使したデジタル絵本は、子供の想像力と理解力を飛躍的に高めることが期待できるといいます。

次に、矢野きくのさんが推すのは冷蔵庫などの在庫管理です。家の中でも簡単に持ち歩くことができるタブレットなので、冷蔵庫の中だけでなく収納されている様々なものの在庫を確認できるので、無駄なものを買う必要がなくなるといいます。

パパ・ママのためのタブレット活用術講座

このようにタブレットPCのメリットは、以下の2つに大きく分類することができると考えます。
・くつろいだ状態で見ることができる
・いつでもどこでも使える
・みんなで楽しむことができる

これらを踏まえて、自分は以下2つの使い方がいいのではないかと思いました。一つは塗り絵や子供とお勉強を一緒にやること。塗り絵やワークブックは、比較的高価なのですが一度やってしまうと再利用することがなかなかできないというデメリットがありました。一つの画面を二人で見ることができるというタブレットPCの視野角の広さを十分に活用し、手書き入力を使って子供と一緒にやれば、終わったら何度でも繰り返すことができるとともに、結果を画像として残しておくこともできます。

もう一つの使い方は、くつろいだ使い方としてテレビやドラマを見ながら、タブレットPCを片手に持って応援したり視聴者のつぶやきを眺めたりします。パソコンだとなかなかテレビと両方を見るのがつらいのですが、タブレットPCであれば簡単にテレビを見ながらつぶやきを見たり書き込んだりすることができます。

LaVie Touchは、その重さも729グラムと軽く持ち歩きにストレスを感じません。NECの方にお伺いすると、その秘密はSSDというディスクを搭載していることにあるといいます。SSDは、ハードディスクよりもまだコストは高くNECの中でもハイエンドマシンにしか搭載されていませんが、高速アクセス、軽量、静か、振動に強い、低消費電力といった特徴を持っています。これをOSやアプリケーションの起動といった場面にうまく活用することによって、安定した利用を実現することができます。多少コストはかかっても軽く丈夫で使いやすさをお届けしたいという思いを、SSD搭載から感じることができます。

このようにタブレットPCは、これからの子育て世代にとってはなくてはならない大切なツールとなりそうです。使い方は自分でいくらでも広げていくことができます。1台家の中においておくだけで、色々な利用シーンが頭に浮かんできそうな気がします。

[PR by ブログタイムズ]

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : タブレットPC, LaVie, Touch, NEC, イクメン, 安藤哲也, 矢野きくの,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2588-d17b304f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック