江 -姫たちの戦国- 第41回「姉妹激突!」

ここでは、「江 -姫たちの戦国- 第41回「姉妹激突!」」 に関する記事を紹介しています。



今回からとうとう豊臣家と徳川家が相対することになっていきます。題名からみてもそのことをうかがい知る事ができるのですが、姉妹が憎み合って激突するわけではなく、世の中の流れに逆らう事ができずに否応もなく争う形となってしまったのですが、残念ながら題名からそのようなニュアンスを伺いする事はできません。なんだかものすごい憎しみをもって戦うのではないかと思ってしまいます。

前回まですばらしい雨後九をしていた秀忠ですが、今回からまたもや家康の思うままに動くロボットのようになってしまいます。随所に自分の思いを通そうとするのですが、頭ごなしに家康に却下され、二条城では言っても居ない事を「将軍」という名前を借りて言った事になってしまう始末。これでは無念で仕方ないでしょう。

時は完全に家康がコントロールしていたのです。前回から髪の毛が突然白髪になり老人であることを強調している家康が、豊臣方に様々な揺さぶりをかけてきます。このような対処をされると、本当にどうしようもないですね。真っ向から議論する余地のない、完全なる変化球なのでまともにやり合っていてはどうしようもありません。しかし、すでに権力を得てしまっている家康にかなうものはいないので、受け入れざるを得ないのです。

方広寺の鐘の件はあまりにも有名で、誰もが知っている逸話です。「国家安康」は家康の名前を引き裂くもの、初見ではなかったはずのこの文言を、うまく利用して片桐且元を豊臣家から引き離したり、世の中を乱すものだと誇張する様子は、もはや圧巻です。昔の家康であれば決して言うことのなかったこういう発言は、時代の状況を見た上での的確な判断があったからこそなのでしょう。

今回は、江や福の争い場面も最小限で終わり、女性陣のなかでは淀殿と大蔵卿局が唯一光る内容となりました。次回の予告でも、江はただ祈るのみというシチュエーションなので、歴史の表舞台が描かれていくことになるでしょう。他のブロガーさんの記事を見ると、合戦シーンがどのくらい描かれるか話題になっていました。なかにはナレーションで終わるのではという意見まであり、そうかもしれないと思ってしまうのは残念です。

これからは、それぞれの人物の運命と歴史の流れ、共に重要なものになっていきます。残り5回200分でどこまで描くことができるのか、不安を感じつつも見逃さないようにしたいと思います。

◆江紀行◆
京都府京都市
 - 豊国廟 (阿弥陀ヶ峰)
 - 豊臣秀吉の墓
 - 方広寺
 - 方広寺鐘楼


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 上野樹里, 宮沢りえ, 向井理, 北大路欣也, 水川あさみ, 太賀, 富田靖子, 忽那汐里, 武田真治,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2567-b704e974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック