ヨネッティーで水遊び

ここでは、「ヨネッティーで水遊び」 に関する記事を紹介しています。



ヨネッティー王禅寺

今まで暑くて溶けそうな夏の日が、嘘のように涼しくなったある雨の日。家で体力をもてあましていた子供を連れて川崎市麻生区にあるヨネッティー王禅寺の温水プールに出かけることにしました。今までチェックしていたのですが、なかなか行く機会もないままずっと来てしまっていたので、今回こそはチャンスとばかり、電車に乗って出かけます。

以前に通っていたスイミングスクールで一人だけでプールに入る寂しさを感じてしまっていた子供は、はじめプール=(親がついていない)一人で練習するもの、という連想がはたらいてしまい、「行きたくない」と言い出していたのですが、自分が一緒に出かけること、流れるプールがあることなどを説明していくと目の色が変わり、俄然やる気に。

やる気になった子供は行動が早く、着替えもすべて自分で率先して速攻で済ませ玄関先で「パパ、まだー?」と催促するのです。半ば引っ張られるようにして向かったヨネッティー王禅寺は、新百合ヶ丘駅からバスで10分程度にある、隣接する王禅寺処理センターの余熱を有効に再利用した余熱利用市民施設です。

王禅寺処理センターにある赤白の煙突をみて東京タワーと勘違いした子供を見て、もっと色々なところに連れて行ってあげないとと自戒している自分をよそに、到着。

おそらくものすごい遊ぶだろうと3時間券を購入します。子供と大人であわせて1000円で値段も良心的です。中に入って二人で着替えた後に入ったのが流れるプールでした。水深は1メートルくらいで水も温かく入っていて気持ちがいいプールです。

この流れるプールで1時間をひたすら子供と二人で流れていました。彼は疲れると自分に抱きかかえられ、人よりも早く流れるように指示します。親も親で意味のない競争心が芽生え「あの前にいる親子には負けない」と無駄な競争をしては小さな満足感を二人で得ていたりしました。

プールは、その他25メートルほどの泳げるプールと、幼児用プール、そしてウォータースライダーから成り立っていて、スライダーは小学生以上だったので自分は行けたのですが子供は行けません。自分一人で小学生の列に並んでも良かったのですが、周囲の目が気になりあえなく断念。

25メートルプールは子供と入ったのですが、泳げない子供を抱きかかえることになり、まともに泳いでいる人の邪魔になるばかりではなく、泳げない自分を悟った子供が出るといいだし、この滞在時間も3分程度でした。

最終的には流れるプールで時間を過ごしていたのですが、そのうち彼の手足がふやけてふにゃふにゃになったことと、少し顔に疲れが見えたので、出ることにします。経過時間は1時間30分程度で、3時間までいらなかったと少し後悔しましたが、それは結果論。楽しく遊べたのですから安いものです。

楽しかったねとにこにこ顔の子供を見ると、連れて行ってあげて良かったと思えます。疲れてへとへとな彼と大好きなマクドナルドでお気に入りのシャカシャカチキンとポテトを食べて帰宅。充実しつつもすごく疲れた一日となりました。こうした余熱施設が近くにあると、すごく便利ですしこれまでもっと行っていれば良かったと思います。これから頻繁に連れて行ってあげたい場所がまた一つできました。

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : ヨネッティー王禅寺, 余熱施設, プール, 温水,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2514-1decae54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック