洗濯や園芸にご家庭の酢を

ここでは、「洗濯や園芸にご家庭の酢を」 に関する記事を紹介しています。



一家に1本はある酢ですが、調味料として使う意外にも実に様々な利用方法があるといいます。例えば、10円玉をぴかぴかにするといった利便性をあまり感じないものから、酢の殺菌効果を利用して排水溝のにおいを取る、賛成であることを利用してアルカリ性の水あかを落とすといった掃除まで実に幅広く利用することができるマルチな活躍をする人気者なのです。

そんな酢の新たな利用方法を酢メーカーであるタマノイ酢の方などのアドバイスをもとに見ていきたいと思います。その使い方はとは、洗濯、園芸、応急措置です。今まで酢を利用しようとは思いもしなかったこの3つの用途に酢という意外なアイテムをどのように使うのでしょうか。


洗濯に酢
酢には漂白作用があるので、ジュースや汗などのシミに酢をふりかけ洗濯するときれいになります。また、洗濯洗剤にはアルカリ性のものが多く、酸性の酢はそれを中和することで柔軟剤にも早変わり。すすぎの最後に酢を大さじ1杯から2杯ほど加えると、洗濯物がふんわり仕上がります。


園芸に酢
古くから、酢が持っている高い殺菌効果が農薬の働きをするとして、主に防腐、防カビ作用を期待して使われてきました。殺菌や消毒効果のほかに、植物自体を丈夫にして病気も予防し、さらに土中の有用な微生物を活性化させる働きもあるといわれています。使い方は穀物酢か米酢を25倍から50倍に薄めて、噴霧器などで葉面や葉裏にしたたり落ちる程度散布します。酢が濃すぎると葉が日焼けのようになって枯れる可能性もあるので注意しましょう。


応急措置に酢
酢は一部のクラゲに刺されたときの応急処置にも使えるものがあります。毒を持つクラゲは触手にある刺胞という器官から毒針を発射しますが、沖縄に生息するハブクラゲをはじめ、これに近い種類のクラゲの刺胞の発射を酢が抑制することが確認されています。刺された後は皮膚に触手が絡まって残っていることが多く、ここに酢をかけることで、被害の悪化を防ぐことができるのです。

ただし、酢をかけると逆に刺胞の発射が促進される種類のクラゲもいるので、種類がよくわからない場合は酢を使うのはやめましょう。また発射を抑制するだけなので、毒を受けてしまった後の解毒の効果はありません。応急処置後は患部を冷やして病院へ行くのがベストなのです。


このように、酢は比較的安価で手に入る万能選手であることがわかります。特有のにおいから、なかなか他の用途に使おうという考えが浮かびにくいのも事実ですが、誰かが実際にやってみると驚くことに、酢の臭いは残らないといいます。具体的に何を使っているということがわかっているという安心感もあることから、身の回りで酢を使ってみるといいと思います。

【参考】web R25 http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20110815-00021080-r25

1本からの販売です。ミツカン穀物酢500ml

1本からの販売です。ミツカン穀物酢500ml
価格:189円(税込、送料別)


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 掃除, 殺菌, 園芸, 洗濯, 柔軟剤,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2508-25c0c416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック