登戸・向ヶ丘遊園駅内の放送がすごいことに

ここでは、「登戸・向ヶ丘遊園駅内の放送がすごいことに」 に関する記事を紹介しています。



F-train

2011年9月3日に向ヶ丘遊園の遊園地跡地に「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」がオープンします。これがある川崎市多摩区では、この日に向けて数年前から数々のイベントが開かれていて、オープンするその日を今か今かと待っていました。

その日を前に、藤子・F・不二雄ミュージアムへの最寄り駅となる登戸駅、向ヶ丘遊園駅と、それらを通る小田急線で、オープンを記念する思いがけない取り組みが行われることが明らかとなったのです。

まず、8月3日から小田急線全線で藤子・F・不二雄キャラクターでラッピングされた車両が運行されることになります。その名も「小田急 F-Train」で、「F-Train」の頭文字Fは、夢のある未来へ走っていく列車となるよう「藤子・F・不二雄」と「Future」のダブルミーニングになっているといいます。

「F-Train」は10両編成の車両に描かれており、「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」「エスパー魔美」「チンプイ」「21エモン」などが描かれた外装に加え、キャラクターを紹介するドア上ポスターや、「ドラえもん」「ドラミちゃん」が描かれた指鋏み防止ステッカー、代表作のアイコンが散りばめられた吊り革など内装も凝っています。きっと子供もすごく喜ぶことでしょう。これまで外装を変えるというものはありましたが、ここまで徹底してキャラクターの世界を作り上げているものは数少ないと思います。

さらにオープンする9月3日からは、登戸駅、向ヶ丘遊園駅の列車接近を知らせる案内放送も特殊仕様になり、それぞれ、オルゴール調にしたメロディが流れるといいます。

◆登戸駅
 ・上りホーム: 「夢をかなえてドラえもん」
 ・下りホーム: 「きてよパーマン」

◆向ヶ丘遊園駅
 ・上りホーム: 「ドラえもんのうた」
 ・下りホーム: 「はじめてのチュウ」

どれも、藤子・F・不二雄の作品にとって、誰もが知っていて口ずさむことができるような音楽なので、駅に対する親しみを持つことができるでしょう。

小田急線は、本厚木駅などでいきものがかりの楽曲を使っていたりして、私鉄の中で何かとコラボする柔軟性を持った素敵な鉄道会社だと思います。今回の藤子・F・不二雄ミュージアム関連の施策をきっかけとして、登戸や向ヶ丘遊園という街がこれまで以上に活気づき、藤子・F・不二雄といったらここ、というような他にはない知名度のある街になってほしいと願ってやみません。

【参考】コミックナタリー http://natalie.mu/comic/gallery/show/news_id/54169/image_id/86964

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : F-train, 藤子・F・不二雄, 登戸, 向ヶ丘遊園, ドラえもん, 藤子・F・不二雄ミュージアム,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2497-299f793a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック