おいしいコーヒーのいれ方 雲の果て

ここでは、「おいしいコーヒーのいれ方 雲の果て」 に関する記事を紹介しています。



すでに開始から15年以上が経過している村山由佳さんの「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズですが、このたびセカンドシーズンの5作目「雲の果て」が登場しました。

はじめは勝利が熱でうなされる場面から始まります。前回までの内容を踏まえているのですが、肝心の前回の話題を頑なに今回の内容に記述したくないのか、そこは「察しろよ」と言われているようだったので、あえて深く突っ込まないで読み進めます。

自分は今回の内容をすべて読み終わった後に、前回の「凍える月」の最後の場面を読んでみたのですが、この最後の部分と今回の始まりから全編にわたって漂う勝利の償いの気持ちには若干の行間があることが改めてわかります。

勝利は前回の「事件」のあと、単身で秀人さんが研究を続けているオーストラリアに向かいます。大学を休学して大好きなかれんとの関係をも断ち切ってまで日本を離れなければならないほど、勝利にとってその「事件」は大きなものだったのでしょう。かれんからの手紙が読まれることもないので、今回はまるで物語が変わってしまったかのように勝利のエアーズロックでの出来事が中心に書かれています。

おそらく勝利が出てこなかったら、全く別な話になっていたでしょう。これまでのおいコーを彷彿とさせるのは、わずかに登場する丈の手紙や勝利の回想くらいでしょうか。というわけで、文化人類学の研究に没頭し、少しずつオーストラリアでの生活になれつつある勝利の物語が始まります。

エアーズロックは、ウルル・カタジュタ国立公園という中にある一枚岩ですが、自分も数年前に奥さんとともに登ったことがあります。登ってみると360度のどこまでも続く地平線をみることができ、なんだか世界観が全く違って見えてくるのが不思議でした。さらに、現地のアボリジニであるアナング族の文化を知るきっかけにもなりました。

そんな自分が行ったことがある場所だけでに、読みながら「あそこの話ね」と想像することができたので違った楽しみ方ができました。話の中でそういったアナング族の生活や思いを伝えているところがあるのも、そういった文化と歴史的背景が深く心に刻まれてしまったからなのだと思います。おそらく行かれたことがある方は、このあたりは自分も同じようにみて感じた部分だと思える内容だと思います。

勝利は、研究をしながらも徐々に現地で働く女性から信頼されるようになり、プライベートな家族の問題にまで入り込んで仲介していくようになります。最後の場面でも同世代の女性との関係が続いた状態で終わったので、次回もこのあたりが進んでいくだろうなと想像できます。

自分としては、このあたりの内容からどうやってかれんや星野りつ子、マスターや丈といった関係者との話につながっていかせるのか、まだ先が見えないのでもどかしく思ってしまいます。おそらく、今は勝利にとって何かを乗り越えるための大切な試練の時なのだと思います。題名にあるように「雲の果て」には何があるのか、勝利には今、まだそれが見えていないのでしょう。あとがきで作者が最終的なイメージがわいたとおっしゃっていたので、そこに期待したいと思います。

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season V 雲の果て (JUMP j BOOKS)おいしいコーヒーのいれ方 Second Season V 雲の果て (JUMP j BOOKS)
(2011/06/20)
村山 由佳

商品詳細を見る


おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4 凍える月 (JUMP j BOOKS)おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4 凍える月 (JUMP j BOOKS)
(2010/05/31)
村山 由佳

商品詳細を見る

関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : 村山由佳, おいしいコーヒーのいれ方, 凍える月, 雲の果て,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2470-0dc2e7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック