江 -姫たちの戦国- 第17回「家康の花嫁」

ここでは、「江 -姫たちの戦国- 第17回「家康の花嫁」」 に関する記事を紹介しています。



前回、強引な方法を使って関白の内定をGETした秀吉ですが、それに引き続き今回は正式に通知を受けて名実共に関白殿下となります。それに伴って、人の名前および読み方も微妙に変わっていき、おねは北政所、秀吉の母なかは大政所となります。千宗易は千利休と名を改めなじみ深い名前となりました。名前自体は外見なのですが、それによって内面も微妙に変わっていくような気がします。そういう思いもあって今まで慣れ親しんだ名前を変える行為をよくしたのかもしれません。

今回のメインテーマは徳川家康です。自分が関白になったにも関わらず、上洛をして直接あいさつをしようとしない家康に対して、秀吉はいらだちを募らせます。こんなときに登場するのが江でした。どうしたらいいかと関白殿下が直々に江に対して相談することになります。またも出ました、このパターン。これで2度目になります。江は言いたいことを思いっきり述べた後に、自分が大切にしているものを差し出さなければ相手もなびかないと語ります。

このアドバイスの結果、秀吉は妹の旭を家康のもとに嫁がせ、それでも上洛しないので母を差し出します。このシーンで家康は、「負けた」といって上洛することになりますが、どのような心理的側面があったのか、いまいち分からず消化不良な状況になってしまいます。いずれにせよ、江のアドバイスは今回も成功することになるのでした。

それにしても嫁ぐことになった旭は本当にかわいそうです。兄のためとはいえ、今まで仲むつまじく暮らしていた夫と離縁させられ、慣れないおめかしをした上で(この無理さ加減は、この後の母の厚化粧でもしっかりと表現されています。)知らない場所に送り込まれます。軽くあしらう家康はさすがでした。

今回は、次回以降の展開に対して様々な伏線が張られる内容となりました。例えば、AKIRAが演じる秀勝の登場です。後に江の夫となることから、AKIRAというイケメンを配置し強烈な初対面を演出します。

そしてもうひとつは、秀吉の茶々への思いでしょう。前回少しだけ秀吉に心を動かされた茶々でしたが、今回は完全に心を揺さぶられることに。次回は無事にゴールインするだろうというレベルまで達しました。

こうした伏線もあり、少しずつ盛り上がりを見せていますが、歴史的に見て本当にそうだったのかという謎は深まるばかり。今回は信長の亡霊は登場しませんでしたが、こういった場面が数多く出てくるようだと、怪しさは急上昇してしまいます。安心してみられる日を静かに待ちたいと思います。

◆江紀行◆
静岡県浜松市
 - 浜松城跡
 - 浜松城公園
 - 野面鼓の石垣
 - 五社神社・諏訪神社
 - 徳川家康の像


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , , 上野樹里, 宮沢りえ, 水川あさみ, 岸谷五朗, 萩原聖人, 大竹しのぶ, AKIRA, 石坂浩二,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2418-95021443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック