江 -姫たちの戦国- 第15回「猿の正体」

ここでは、「江 -姫たちの戦国- 第15回「猿の正体」」 に関する記事を紹介しています。



今回は、江の秀吉に対する心の復讐一色となりました。前回突然佐治一成と離縁させられてしまったことから、佐治一成のもとへ帰りたいと思う一心で大坂城をさまよい歩きます。意図的に迷路にしようと思って作った訳ではないと思いますが、秀吉が案内を付けない限り城から外に出ることができないと断言したように、見事に迷子になります。この次の場面でしっかりと姉妹3人が揃っている場面がありましたが、よく戻れたなと思ってしまいます。

秀吉への復讐方法として江が考えたのが、秀吉の弱点を洗い出そうとして周辺への聞き込みを開始します。このあたりがフィクションの香りがプンプンするところになります。本当にそんなことをしていたのかと心から疑いたくなってしまいます。聞き込みを行なった石田三成、秀長、黒田官兵衛、秀次、京極龍子、おねからは秀吉のいい面しか聞き出すことができず、千宗易に至っては自分の耳と目で確かめなさいと諭される始末。やはり宗易の言葉には重みがあり、ごもっともだと思います。こういうしっかりとした重鎮を石坂浩二が演じてくれてる物語自体の重しとなって見続けることができます。

直接、秀吉に会ってみることになったのですが、そこで江は秀次にどうしたら跡継ぎとしての自覚と力量を付けたらいいかと助言を秀吉から求められ、それに対して江は秀次一人で四国攻めをさせたらいいと話し、秀吉はそれを実行します。このあたりもはてなマークが点滅してしまいます。後で秀吉は本当にそれを実行し病に伏せるフリをしているところを江に見つかるのですが、そこで秀吉の本心を知ることになります。

毎回おなじみのトヨエツが今回も登場。それに怯えるようにしながら、秀吉は江が怖いこと、にもかかわらず江が信長に通じるものがあるとして、少しでも親方様に自分の姿を見てもらいたいとする気持ちを告白し、恨み節を江は言いつつも最後は抱き合って泣き叫びながら心が通じていきます。

やはり難しいですね。ドラマ自体が本当にそのような場面があったのか、フィクションなのか、明確に描かれていない以上、何とも言えないのですが1話の中ではてなマークが何度も点滅するようでは、内容そのものに入っていくことができないのではないでしょうか。

おそらく今後は、秀吉に対して心を許し明るく元気な江が復活することでしょう。丁度今週は他局の陰謀なのかのだめカンタービレの劇場版が2週にわたり放送され、上野樹里さんが完全にのだめに戻っている時で、そっちをしっかりと見た人も多いことでしょう。どうやって、江の世界をしっかりと築いていくか大きな高い壁がまだまだあるような気がします。

そんな中、注目すべきは竹千代の後見人に本多正信が任じられ、そこに草刈正雄さんが登場したこと。前回までの於義丸が秀康となって書物を読んでいるのですが、外見についていわれているかわいそうな役柄なだけに、竹千代の勇壮さが際立ちます。その竹千代は後に江と深い関係になることから、今から草刈正雄さんの仕事ぶりとをしっかりと見ておきたいと思います。


◆江紀行◆
大阪府大阪市
 - 大坂城跡(大阪城公園)
 - 豊臣時代の大坂城三の丸石垣
 - 黄金茶室
 - 豊臣秀吉像


関連記事



ランキングのご協力をお願いします m(_ _)m

 ↓ポチッ↓    ↓ポチッ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

ありがとうございました。

 はてなRSSへ追加 Google Readerへ追加


関連タグ : , 上野樹里, 宮沢りえ, 水川あさみ, 岸谷五朗, 北大路欣也, 萩原聖人, 大竹しのぶ, 草刈正雄, 石坂浩二,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penperon.blog100.fc2.com/tb.php/2404-5322cea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック